一言談話室

使用方法は「一言談話室・使用方法」の記事を参照してください。 ここの少し下にある「カテゴリー」から探すのが簡単です。

カテゴリー


FC2ブログランキングに参加中です。


プロフィール

泡雲法師

Author:泡雲法師


募金


FC2投票


ブログ全記事表示


過去ログ


最近のコメント


最近の記事


最近のトラックバック


リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 …開いた口がふさがらない。
 鳩山前総理引退撤回、だそうです。
 理由は「国難といえる時に自分だけ辞めていいのか」だそうです。
 …辞めて良いです。
 辞めて下さい。

 そもそも、元総理だの前総理だのが影響力を残しているような政治は良くない、というのが民主党の考えだったはず。
 それを一切無視した発言です。
 国難といえる時に辞めていいのか、って言葉は立派ですけどアンタ総理大臣の時一体何をやってたの?
 国難といえる時に自分の金銭問題やら小沢やらで国会審議を止めていたのはお前じゃないのか?
 政治主導で迷走して混乱させたのもお前じゃないのか?
 この国難を招いたのが鳩山だ、とまでは言わないけど、総理の時に大きな功績を残せなかった人が一議員として何か出来るの?
 むしろここで総理を辞めて、総理経験者が政界を離れた上で国に対して出来る事、というまったく新しい道を探っていく事の方が長い目で見て国家の役に立つんじゃないの?
 どんな人間でも総理経験者は総理経験者なのだから、個人的に海外に行ったとしてもそれなりの対応はしてくれるはずだ。
 海外の偉い人にだって「会って話をしたいのですが…」といえば邪険にはされないだろう。
 もしかしたら政界を引退しているからこそ聞ける本音というのもあるかもしれないし、議員じゃないから出来る事というのもあるかもしれない。
 海外の有力な政治家には結構そういうタイプの人もいたはずだ。
 例えばアル・ゴア元米副大統領とか。
 鳩山家には財産もあるし知名度も人脈もあるのだから、その気になれば社会運動を起こす事だって可能だろう。
 「年越し派遣村」みたいなものを自分で指揮する事だって出来るだろうし、そういった人たちをいろいろな方面からサポートする事だって出来るはずだ。
 政界にいなければ社会を良くする事が出来ない、というわけでもないだろう。
 それなのに、引退撤回…
 これでまた自民党が「嘘つき」とか言い始めて政治が変な風に混乱するのだろう。
 この「国難といえる時」に自ら火種をバラ撒いてどうする?
 ただでさえ民主党への信用がなくなってきている時に、さらに信用を無くすような事をしてどうしようというのだろう?
 まったく理解できない。
 さすが「宇宙人」
 民主党もこの人をかばっていると一緒に落ちて行ってしまう気がする。
 いっそ離党勧告でもすればいいのに。
 せっかくだから弟さんと二人で新しい政党でも作ったらどうでしょう。
 ついでに小沢さんも誘って…
 …与党が割れるとマズイかな?
FC2 Blog Ranking←一理あるな、と思ったらクリックしてね。

コメント

 サキさんへ。
 人間社会に階層が出来てしまうのは人間の本質なのかもしれませんね。
 おそらくそういったものは太古の昔からあったはずです。
 で、それに対して「おかしい」と思った人がそれを是正すべく有史以来いろいろな方法を試みてきたのだと思います。
 例えば「人は神の下に平等である」と言ってみたり、「資本家の搾取を許すな、労働者よ立ち上がれ」みたいな事を言ってみたり…
 要するに、宗教を起こしてみたり社会主義・共産主義という思想を生み出してみたり、市民革命を起こして王制を打破してみたり。
 こういった方法って一言でまとめると「既存の価値観とはまた別の新しい価値観を生み出し、その価値観で新しい社会システムを作る」という事なんでしょうけど、その新しい社会システムの中でまた新たな階層が出現してしまう。
 宗教には指導者を頂点とした組織が出来てしまうし、社会主義・共産主義も平等を謳っておきながら実際には酷い格差社会。
 王制を打破したはずの市民革命の結果は現在の資本主義・民主主義社会なわけで、これもまた格差が生まれている。
 人間という生き物が一人では生きられず社会を作らずにはいられない生物であり、そして社会を作ると言う事は役割分担をするという事であり、役割分担をすれば必然的に差異が生じるのでそこに階層と言う歪みが生じてしまうのは避けられない事なのかもしれません。
 無理矢理にこの階層を破壊して、真の平等(これも何を持って平等と言うのか、という議論の的ですが)な社会を作ろうというのならば、生まれた子供を全て親から隔離して、親子とも生涯誰が自分の血縁なのかが判らないような状態にして、子供を社会全体で育てていくというような「人間性を放棄したような社会システム」でも作らないと無理でしょう。
 生まれた子供はすべて施設に入れ、そこからエスカレーター式に教育して行き、その過程でそれぞれの資質にあった進路を導き出して社会へ出て行く、というようなSF的非人間的社会にでもしないと、平等な社会というのは作れないのかもしれません。
 …実現は不可能、と言うよりやってはいけない選択ですが(笑)

 本来ならば階層もある程度入れ替わっていくはずなんですよね。
 いくら親や先祖が優秀でも、現在の当主が無能ならばその家は遠からず滅びるものです。
 ただ、そうなるためには「滅ぼす側」の人間が生まれなければなりません。
 政治や選挙でいうならば「有力な対抗馬の出現」です。
 現在の政治状況ではどんなに優秀な人間でも政界にコネなどが無いと立候補できない、もしくは立候補しても無駄に終わる、という感じではありますが、それってあえて厳しい言い方をするならば「有権者が民主主義を理解していない」という事なんですよね。
 本来の、というか理想的な民主主義の形というのは「優秀で立派な人を見つけたら、草の根運動を広げて政界に送り込む」というものなのだと思います。
 知り合いに「この人にぜひ社会を引っ張って欲しい」と思えるような人がいたら、仲間を集めてその人が政治活動をするのをみんなで手伝う、という発想を全ての人が持つようになった時、初めて「真の民主主義」が完成するのだと思います。
 出馬の際の費用や選挙運動の際のボランティアなども、全て仲間内で助け合って出し合う。
 ちょっと宗教っぽかったり社会運動っぽい感じですが、おそらくそれが本来の民主主義のあるべき姿。
 で、実際に現在の政党も発足当時はそういう流れの中で出てきたものなのでしょうし、本来の政党の趣旨を忘れて形骸化しているのが現在の政界なのでしょうけど、ある意味そういう助け合いのシステムのようなものだけは残っている。
 だからシステムとして強い。
 そういう事なのだと思います。
 社会を本気で変える為にはまず「中心になる人物」を見つけるか自分でなるとかした上で、どういう社会にしたいのかという理想とその具体的な方法を考えて賛同者を集め、その考えを一人でも多くの人に広めて社会運動化していく、という方法が時間はかかりますが正攻法なのかもしれません。
 幸福の科学(と幸福実現党)は手続きの上では上記の方法を踏まえているとも考えられます。
 元々が新興宗教というのは考え物ですが、あの教団の是非はともかくとして、一人の人間が作った組織がわずか数十年で全国区に立候補者を立てる事が出来るようになっている、というのは民主主義国家としてはシステムが正常に機能しているという事の証明ですし、歴史的に見ても画期的な事かもしれません。
 同じように今から、宗教で言うところの教義、政党で言うところの理念のような、「理想としている社会のイメージ」を具体的に練り上げて賛同者を集めていけば、20~30年ぐらいで全国に立候補者を立てる組織を作る事は不可能ではない、という事の証明であり、やる気があれば可能性はゼロではないと思います。
 既存の階層社会を修正するために新しい階層社会を別に作って入れ替わる、というのは根本的な解決にはなっていませんが、一つの方法かもしれません。
 既存の社会はすでにある程度階層が固定化されてしまっているので、それを徐々に修正していくのと、階層が固定化しない新しい社会システムを作って入れ替えるのと、どちらが実現可能か、というところでしょうか。
 そうやって作った社会もまた、いつかは腐敗していくのが人間の性なのでしょうけど…

 確かに最近の国民が悪いという論調も理解は出来るんですが…
 ただ、職業として例えば「医師」と「政治家」を比べたときのレベルの差が酷すぎますよね…

 政治家は職業ではなく、ボランティア…と言うには給料を貰いすぎですし…
 かといって、国民に選ばれたのだから頭が悪くても許される…というのも…
 しかも、私は政治家の選ばれ方というのも疑問を持っていますし…まず金とコネがないと立候補しても無駄という構造…

 選んでいるつもりではいますが、実際選べるのは数人の金持ち候補者のみ。
 しかも、近所迷惑に「お願いします」以外のことを言わない、公約や目標、戦略を言わない候補者群の中から無理矢理選ばなければならない…
 仮に何か言っていたとしても「パン屋がパンを売ります!」的なことばかり…
 だからどうやってそのパンを売るのかが一番聞きたいのに、「売ります売ります、私なら絶対売ります」って、バカか…


 強引に行かないと、日本の「規定の」既得権益者の壁を崩すのは難しいかも知れません。かなりヤバイ方向性の思想な事も分かっていますし、民主主義と逆行する考え方なので、それを踏み込んで考えることもしたくはないですが…

 実に完璧だとおもいますよ。
 日本に限らず、「民主主義」と呼ばれる、お金持ちのためにある世界の政治。

 人間なんて、食べて、寝て、子供作るだけで幸せなハズなのに、どうしてこんなに上下が固定しているんでしょう…全時代を通じて…
 もちろん上下の入れ替わりもありますが…完全に固定しているのではないかという層もありますし。

 普通に汗水垂らして働いて、誰かの役に立つ人が、普通に暮らせる社会なんて、やっぱり夢幻なんですかね?

 みんな誰かに食い物にされて生きていることを理解し、自分が誰かを食い物にするレベルに上がるために常に勉強している世界。

 まあ、哲学に過ぎますが(笑)とりあえず、本気で外交のバカぐらいは「国民が選んだのが悪い」なんて言わないで勉強して貰わないと、流石に…思いっきり自分で自分の頚絞めてますし…自分で自分の頚絞めたら息が出来なくなって、死んでしまうと思うんですが…

 サキさんへ。
 排出権取引、ちょっと具体的な数字が見つからないのですが、色々と数字が上がっているみたいですよね。
 とりあえず「兆」の単位である事は間違い無さそうなんですけど、それも直接支払う金額なのか市場規模を表示しただけなのか今一つわかりません。
 かなりの金額を支払うであろう事だけは確かのようですが…
 それにしてもお金の使い方が下手。
 先月の為替介入の際に使った金額が2兆円なのだそうですが、あの時どこかの経済番組で「2兆円あるのならばマイクロソフトかグーグルを丸ごと買った方が余程国の役に立つのに…」とコメンテーターの方が言っていたのが気になります。
 2兆円でも、世界トップクラスの企業を買ったり鉱山などの資源を買ったりできるんですよね。
 最近は海外の政府系ファンドというのがそういう買収を仕掛けているらしいですし…
 なぜ日本はいつも何にもしていないのだろう…
 やはりどういう国にしたいかというビジョンというか理念というか、そういう目標が欠落しているのが原因のような気もします。
 あるとしても「国民全員が汗水たらして必死に働いていればそれで良し」というレベルのような気がします。
 ここまで酷いのは政治家がダメだから…と言いたい所ですが先日さらにガックリと落ち込みたくなる報道がありました。
 少し前に自民党の町村議員が当選した衆院補選なのですが、その直前に報じられていたニュースの内容が酷い。

 それは選挙情勢に関する話題だったのですが「町村さんはプライドが高く頭を下げないから苦戦するだろう、せめてもう少し深く頭を下げてくれれば選挙戦が楽になるのに…」というような内容。
 町村議員本人の能力うんぬんならともかく、おじぎの角度で当落が決まるかのような選挙情勢記事。
 どう思いますか、これ?
 日本の有権者って、候補者のおじぎの角度だけで投票するのかどうかを決めてしまうぐらいレベルの低い人たちの集まりなんでしょうか?
 もう少しまともに、財政再建論とか社会福祉とか経済政策とか外交姿勢とか、そういう「当選したらどういう社会にしようと思っているのか」というような内容で投票するかどうかを決めて欲しいのですが、どうやら日本人は「あの人はおじぎの角度が深いから投票する価値がある」と判断するようです。
 実際にそんな基準で判断しているのかどうかはわかりませんが、少なくとも政界やその周辺のマスコミの人たちは「日本人の政治レベルはその程度」と判断している、というのは確かなようです。
 完全にナメられてますよね。
 物凄く有権者を馬鹿にしているとしか思えない発想なんですけど、それが当然のようにまかり通っている。
 政界も問題ありですけど、国民ももうちょっと真面目に物事を考えないとダメなんじゃないでしょうか。
 でも真面目に考えろ、というと「難しい事はわかんないし…」と思考拒否。
 自分で学ぼうともせずに「やりたい人やわかる人に任しとけば良い」という発想の人が多過ぎる気がします。
 「餅は餅屋」という言葉が悪い方向に作用しているのでしょうか。

 民主主義は国民の平均レベルより高い政治は出来ない、という格言があるそうなのですが政界のレベルがそのまま国民の平均レベルだとすると…
 頭痛いのを通り越して、全員で泥舟に乗っているような気分になってきました。
 海外脱出というか、「世界のどこででも生きていける力」というのを本気で身に着けないといけない時代になってきたのかもしれません。
 それでも理想は、この国をどうにか建て直す事なんですけどねぇ…

 テレビを見ていて思ったのですが、今回見たのが「二酸化炭素排出権」関係の話題で、どうも日本は相当損を被っているようで、確か支払った総額が200兆円?…あれ、おかしいですね、20兆円かな? …桁が違うんで話が別物になりますが、とにかくとてつもない額をポンと支払っているんですね?

 仮に話が200兆円だったら…とんでもなさ過ぎますね、20兆円だな、きっと。
 20兆円もあれば、もう何でも出来るレベルだと思うんですが…トヨタが丸ごと一個買えて、しかもさらに定額給付金を配れるレベル…

 本当に国難ですよね…自民の時代からですか…

 国民は海外のように人権を尊重されない働き方しか許されない環境でせっせと海外の2倍働き、海外よりたくさん稼ぎ、税金をたっぷり払い、その税金を政治家がニヤニヤしながら、ドカーンと海外にタダで「あげる」という…

 日本の国家予算を、そのまま横流しでヨーロッパの国家予算へ組み込んでいるというレベルです…
 本物のバカじゃないだろうか…

 もちろん、外交の損失に関しては排出権だけには留まらないでしょうから…本当に200兆円レベルの損失は、被っているのではないだろうか…

 しかも、政治家になれる人間は限られた「特別な人間」だけ。投票しても実際の所はどうにも出来ないという…
 国民に苦しんでくださいとお願いする前に、バカを直した方が良い…
 実際現在の鳩山氏も、麻生氏も、正直「バカ」ですよね?
 とても日本をどうにか出来るレベルの人間には本気で見えなくなってきた…英語を話せることを威張っていたんですよ…そこらにいるオッサンじゃん…せめて「大学出身」レベルの教養ぐらいは持っていてくれないと…

…頭痛くなってきました…

 サキさんへ。
 本当に政界の質が落ちているように見えますよね。
 鳩山前総理の発言ではありませんが、今現在日本は「国難」と言うべき状態。
 日本だけでなく世界経済や資本主義の歪みというレベルでの危機でもあるわけですが、政界でやっている事は「永田町の中の風紀の乱れ」みたいなレベルの議論。
 「政治と金」も問題だし、「国会内で写真撮影」も問題だし、「恫喝」も問題だけど、「今それそんなに重要か?」という疑問が常に付きまとう有様。
 他にやるべき事はたくさんあるはずですよね。
 景気をどうするか、という議論から始まって、どうすれば雇用が守れるかとか製造業が海外に移転しているというような産業構造の変化をどうするべきかとか。
 他にもたくさんあるはずです。
 そういった本来やるべき「国をどうするか」という議論をほとんどせずに、「風紀の乱れ」みたいなレベルで足の引っ張り合い…
 なんというか…あの人たちの存在自体が「国難そのもの」のような気がしてきます。
 もしかして経済とか世界情勢に関する知識や能力がまったく無くて、「風紀の乱れ」ぐらいしか理解できる議論のテーマが無いのでしょうか?
 そこまで質が落ちているとしたら、もうどうしようもないかも…
 政界を見ている限りでは「選挙は人気者に任せて、議論は頭の良い人に任せて、人数合わせの俺たちはあそぼーぜ」が大多数なのかもしれません。
 情けない…

 そうですよね…どうします?(笑)
 ニュースを見たのですが、どうも国会も「誰かが古賀氏を恫喝した」ことでの質疑が滞ったため、自民党に続いて次々に他の野党の議員も国会を退出したとか…

 野党もやる気が「0」なのか、それとも、「コレぞ国会議員の仕事だぜ!」と思っているのか…?

 もしかして、だれも「日本の情勢」を知らないとか?
 今海外に目を向けて政治的に戦略を考えてくれると面白いと思うんですが…
 インドが良い例で、今回はたまたま「中国vsインド」の関係で外交が上手くいったと報道されていますが、今回のラッキーも、狙おうと思えば狙える話のハズなんですよね。インド単体相手でなく、もっと東南アジアとかアメリカとかロシアとかを絡めた外交戦略を考えれば、意外に楽に日本が浮上できる策も出てきそうなモノなのですが…

 こう言う「普通の外交」を求めるのは不可能ですかね?
 今の政治家達に…
 蓮舫人気に任せておいて、俺たちはあそぼーぜ!

 サキさんへ。
 鳩山さん…何だか地元の支持者からも「信用できない」と言われ始めているそうです。
 このままだと「ちやほやされたい」という願望も達成できなくなりそうな感じ。
 現状ではもう、何をやっても悪い方向にしか転がっていきそうにないように思えますよね。
 おとなしく引退した方が、結果としてプラスになると思うのですけど、そういう冷静な考え方もできず、取り巻きもそういう指摘ができないのでしょうか…
 何だか哀れな末路をたどりそうな予感がします。

 それにしても、なぜあんなにも人は政界にしがみ付こうとするのでしょうか。
 何か余程すばらしい事でも待っているんでしょうか。
 一方で、早々に引退して未練の無い人もたまにいますし…
 一体この差はどこから生まれてくるのか、ちょっと興味深いですよね。
 あくまでも個人的な印象なのですが、政界を去っても未練が無い人というのは、概ね「人間としての実力がある人」のような気がします。
 政界に入る前からどこかの分野で活躍していたとか、精神的に物凄く成熟しているとか、そういう「議員という肩書きが無くなっても動じない人」が潔い辞め方をしている気がします。
 逆に言えば、政界に固執している人はそういった「個人的な能力や自信」というものが欠如しているのかもしれません。
 定年になった途端にガックリと落ち込み覇気が無くなってしまう人がいますが、その辺の心理に似ているのかもしれません。
 仕事以外に趣味でも何でもいいので、そういう自分なりの価値観を持っている人は仕事の上での肩書きが無くなっても生き生きとしていられますが、そうでない人にとっては定年は自分という存在そのものを失うに等しい喪失感のようですし、政界にしがみ付いている議員もそういう精神状態なのかもしれません。
 「自分のアイデンティティ=議員という肩書き」の人にとっては失職は自我崩壊の危機ですから…
 問題は、そういう人を議員として選び続けてきてしまった有権者の側にもありそうですけど。
 以前誰かが「政治家が選挙の際に『お願いします』、と言うのはおかしい」と指摘していました。
 本来ならば有権者の側が政治家に対して「国を良くして下さい、お願いします」と頼む立場のはずなのにそれが逆転している、と。
 その理屈を踏まえるならば、政治家の人たちは選挙の際に「私のアイデンティティを保障してください、お願いします」と頼んでいたのかもしれません。
 …何で国民の血税であの人たちのアイデンティティを保障しなくちゃならないんだろう、と誰も思わなかったところが原因なのかも。
 自分のアイデンティティのために政治家という身分が欲しいだけの人に、まともな政治が出来るわけがないのに…

 それはともかく、民主党が腐り始めてきたみたいです。
 鳩山さんの引退撤回に続き、企業献金の再開。
 他にも官僚主導への回帰も始まっているとか。
 権力は必ず腐敗する、とは言いますがちょっと腐るのが早過ぎですよね…
 かといって自民党も大して変わってなさそうですし。
 いよいよ国民の選択肢が無くなってきました。
 これからどうしましょうか…

 なんだか政界ではよく見る光景ですよね…
 しかし、鳩山氏の場合はそれなりに一線を画している感はあります。確かに…

 なんだろう…あんなにお金持ちでも政界に残りたいというのは、もしかして、支援者なんかにちやほやされて持ち上げられるという快感を失いたくないとか、そういうレベルの話なのではないでしょうか?

 前回の麻生氏の頃から、政界ってうすうすそういうレベルなのではないかと思い始めているんですよね。

 職場でも良くいますよね。自分をよく見せることに腐心している人。仕事に関しては中身がないので、企画やなんかはさっぱり立てられない人…
 でも本人は自分はスゴイと思っているから、そういった責任のある仕事をしたがるんですが、形式とかルールとか専門用語とかそんなことばっかり主張して、その仕事の本質を分かっていないから…そういう流れになると当然その部署のクオリティが下がるのは当然の流れというか…

 私、麻生氏が生理的に受け付けないのは、そんなニオイがぷんぷんするからなんですよね、麻生氏から。


 鳩山氏もその例に漏れずと言うか…?
 ちょっと確かにまともじゃないのは確かな感じがします。優れすぎてまともじゃないというのであれば大歓迎なんですが…優れてもいないけどまともでもないというか…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monokotobibouroku.blog90.fc2.com/tb.php/609-cdd6d2e1


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。