一言談話室

使用方法は「一言談話室・使用方法」の記事を参照してください。 ここの少し下にある「カテゴリー」から探すのが簡単です。

カテゴリー


FC2ブログランキングに参加中です。


プロフィール

泡雲法師

Author:泡雲法師


募金


FC2投票


ブログ全記事表示


過去ログ


最近のコメント


最近の記事


最近のトラックバック


リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 検察が何だか面白い事になってます。
 先の大阪地検特捜部の証拠改ざん事件に絡み、前副部長佐賀元明容疑者の意向で弁護士が取り調べの完全可視化を要求したそうです。
 検察といえば今まで取り調べの可視化には消極的でした。
 理由としていつも挙げられているのが、容疑者との信頼関係が築けない、という部外者からすればよくわからないもの。
 で、今回可視化を要請したのはつい先日まで検察のエライ人だったお方。
 副部長というのが検察内でどの程度のポストなのかは定かではありませんが、まぁそれなりの幹部クラスなのでしょう。
 そういう地位にいた人なら当然在職当時は「可視化なんてとんでもない」と主張していたはずです。
 そういう人からの可視化要請…
 何か、今までの検察の問題点をこの行動が全て物語っているように思えるのですが気のせいでしょうか?
 つまりこういう事ですよね。
 検察の取り調べが密室化している事は「検察にとって大変都合がよく、容疑者にとっては非常に不利益である」と。
 そうでなければ内実を良く知っている元検察副部長が取り調べの可視化など要求するわけが無い。
 この人は「取り調べの密室化がいかに理不尽か」という事を、よ~く理解しているので可視化を要求したのでしょう。
 実際にこの要求が通るのかどうかは不明ですが、この人のこの行動は検察という組織の内情を知るヒントとしては極めて重要なのではないでしょうか。
 先日まで「可視化する必要は無い」と言っていたであろう人が、自分が容疑者側になった途端に方針変更。
 この行為一つとっても常識的に考えて「検察の密室内の取り調べが異常」という事を表しているのではないでしょうか。

 時を同じくするように民主党の小沢さんにも強制起訴という判断が下されました。
 政界では早くも「小沢有罪」という雰囲気ですが、当然これも違いますよね。
 起訴されただけで有罪というわけではないのです。
 そしておそらく小沢さんは有罪にはならないのではないでしょうか。
 今までの検察の「確実に有罪に出来るまで起訴しない」という姿勢の元、何度も不起訴になっているということは小沢さんを有罪にするだけの証拠が集まっていないのでしょう。
 なので、実際に裁判になったら証拠不十分という事で無罪になるのだと思います。
 でも、問題はそこではないのではないでしょうか。
 検察審査会が何を思って小沢さんを強制起訴にしたのかはわかりませんが、国民の感情として小沢さんの行動が不自然だから真相を明らかにしてほしい、という思いがあるのではないでしょうか。
 今までは司法という場所は「有罪か無罪か」を決める場所であり、どういうわけか検察は「有罪にする事」に異常なこだわりを見せ、その結果「有罪率99%」という先進国の中でも明らかに異常な数字を作り上げ、その裏では「有罪にできそうに無ければ不起訴にする」という自ら勝手に裁判所の役目を担う様な行為をしたり、有罪に出来なければ無能と見られるという変な空気を検察内に作り出し、その結果が証拠の改ざんや強引な取り調べに繋がっていたりするのでしょう。
 今まで何となく「検察=正義」というぼんやりとしたイメージを持ち続け、それをさらに理想化しようと検察が変な方向に頑張って来た結果が現在の状況です。
 取り調べの可視化は拒否して強引な取り調べをし、証拠を改ざんし、自分たちで自主的に有罪無罪を決めてしまうという裁判所に対する越権行為…これが現在の検察の醜い姿なのでしょう。
 この状況は明らかに異常なのに、なぜか日本社会では今までほとんど問題視されておらず、そういった意識さえないため政治家たちですら「起訴=有罪」というおかしな先入観で平然とものを言っている。
 どこからどう修正をしていけば良いのかすらわからないぐらいの、全方面での事実誤認。
 本来ならば有罪か無罪かを決めるのは裁判所なので、検察は逮捕した容疑者はどんな状態でも100%起訴すべきです。
 もし誤認逮捕をしてしまっても、「これは誤認逮捕でした」という証拠を一緒にして裁判所に行き、裁判所が「あなたは誤認逮捕なので無罪です」と判決を下すのが、本来あるべき司法の姿のはずです。
 そういった面倒だけど正規の手続きをなあなあで誤魔化してきたツケが一気に回ってきているのではないでしょうか。
 そして、最近の裁判に対する意見として「真実が知りたい」という欲求が高まってもいます。
 殺人事件の被害者遺族からも「事件の真相が明らかになる事」を望む声が頻繁に聞かれるようになりました。
 この事や、取り調べの可視化、そして小沢さんに対する強制起訴などはすべて「真実が知りたい」という国民の欲求が背景にあるのではないでしょうか。
 かつての司法の場は「有罪か無罪か」を決める場所であり、その中身はブラックボックス化していても国民は気にしませんでした。
 しかし、ここ数年においては「有罪か無罪か」ということよりも「真実は何か」という事を重視している傾向が強くなっていると思われます。
 国民の多くは「何が起きているのか」という事に対して非常に敏感になっているのでしょう。
 通り魔事件が発生すれば「なぜそのような事が起きたのか」という点に注意が行き、政治家の不正が起きれば「なぜそういうことをするのか、悪事の手口はどういう方法なのか」といった点の解明に注意が行っているのでしょう。
 その期待に応える方法の一つが取り調べの可視化でもあるのです。
 小沢さんの問題にしたって、有罪か無罪かというよりは「なぜあのような不自然な金の流れがあるのか」というのが、気になっている理由の主なところでしょう。
 なぜ政治に金が必要なのか、なぜ不自然な金の流れがあるのか、そういった国民の疑問に対してきちんと向き合っていないから強制起訴をされるのです。

 国民はおそらく「社会がどうなっているのか」という事を正確に理解しておきたいのではないでしょうか。
 それゆえに今まで不透明で不自然だった物事に対して違和感を覚え、真相を知りたいと感じ始めたのでしょう。
 以前から政界に対して「クリーンである事」を国民は望んでいますが、それは同時に「すべてがオープンである事」を望んでいるとも言えるでしょう。
 昔なら「クリーンなイメージ」だけで良かったのですが、最近は「本当にクリーンである事」が要求されています。
 それを確認するためには「オープンである事」が求められ、同時に「わかりやすい事」も求められています。
 そういった要請に政界が応えないから「裁判で真相を明らかに」という要求をされる。
 そして司法に求めているのが「真相を明らかにする事」なので、取り調べの可視化を要求している。
 「有罪か無罪か」は確かに重要ですが、それ以上に「真相を知りたい」という要求の方が大きくなっている。
 これはもしかしたら国民の物の考え方が大きく変化しているのかもしれません。
 以前の国民ならば「司法が下した事が正義」と、正義という価値観でさえ受身でした。
 が、今は「真相を明らかにせよ」と要求している。
 これはつまり「正しいかどうかは自分たちで判断するので、その判断材料を示せ」と自発的に物事を考えるようになったのかもしれません。
 お上が決めた「正義」を盲目的に信じる受動的な態度から、何が「正義」かは自分たちで決めるという能動的な態度に国民の意識が変化し始めているのかもしれません。
 「国民主権」という意識がようやく根付いてきたのかも。
 反面、こういう「何が正しいかは自分たちで決める」という姿勢は「正義の暴走」という事態を生み出しやすく、一歩間違えれば社会全体を危険な方向へ押し流してしまう恐れも含んでいます。
 自分で物事を判断するのは大切ですが、同時にその事の危険性も認識しておく、そういう意識を持つのが重要な社会情勢になってきたのではないでしょうか。
FC2 Blog Ranking←一理あるな、と思ったらクリックしてね。

コメント

 VR46さんへ。
 やはり「起訴=犯罪者に決まっている」というような一連の日本人の意識を変えない事にはどうにもならなそうですよね…
 それを変えて行くのは難しいので、あえて100%を目指すという発想の方が、もしかしたら日本人向きなのかもしれません。
 ちょっとSFっぽい発想になってしまいますが、ポリグラフ(嘘発見器)の精度を高めていって、全ての容疑者の取り調べに関しては常にポリグラフを使って真実を判断していく、というようなやり方の方が日本人には受け入れられやすいのかもしれません。
 最近では脳の血流や脳波などを測定する事で、100%に近い数字で嘘かどうかを見抜けるという話もありますし、DNA鑑定などに対する日本人の感覚などを見ていても「機械の方が信用できる」という信仰に近い意識が日本人には根付いているようなので、機械を使って有罪率100%を目指す、という方法が市民感情には受け入れられるかもしれません。
 行き過ぎた管理社会みたいでちょっと恐いですが…
 同時に、機械には故障などもあるでしょうし、人為的なミスもあるでしょうから、再審請求や再鑑定は積極的に行っていく、という姿勢ならばもしかしらた上手に機能するかもしれません。
 とは言ってもそういう社会が人間的かどうか、そういう社会で生活するのが幸福なのかどうか、というまた別の議論が巻き起こりそうですけど…

例えば

 例えば、ディベートにしても日本では、盛んではないですよね。これは、子供時代からの教育のせいです。日本は、誹謗中傷合戦になります(笑)。同様に政治参加(住民自治的)や個人献金も盛んではないですよね。これも日本独自のお上文化が影響しています。

 海外では、有罪率が低いです。それは、間違える可能性はあるという謙虚さと司法の独立性が保たれているからでしょう。人権意識もしっかりとしており、あまり不利益がないのも特徴でしょう。日本では、『村八分』という言葉があるように、体裁を重んじる。陰口を言う。噂好きの国民性です。日本人は、本当にブームに乗るのが得意な国民性です。

 私は、いっそ100%を目指すのも一つの手だと思います。それでも99%でしょう。対策として、逮捕段階では報道しない(報道の自由と基本的人権の尊重の狭間だと思う。しかし、報道により著しく不当な不利益を受けた場合、どうなるのだろう)。また、法律で起訴された者の不利益を被らない保証制度を設けるなどが良いように思います。それプラス、検察官の試験だけによる制度を見直すとか外部からのチェック体制の強化なども必要でしょう。

 本当は、起訴のハードルを下げて、裁判所のウエイトを重んじる。けれど、現代の日本では、起訴された者が失うものが大きすぎる。この部分を解消しない限り、無理でしょうね。検察や裁判所にとっては、その方が望ましいと考えているでしょうけどね。日本で鯨やイルカを食べるのがおかしいという意識に変えるぐらい難しい事だと思いますね。

 VR46さんへ。
 なるほど、起訴されただけで失うものが多過ぎる以上起訴段階で確実に有罪に出来るような人しか起訴せず、有罪率99%になるのは極めて現実的な配慮の結果で、ある意味正しいのかもしれません。
 ただ、逆に考えると、なぜ起訴されただけで失うものがこんなにも大きいのかという疑問もあるんですよね。
 そもそも推定無罪という理屈で行くなら判決が出るまでは犯罪者ではないので、有罪判決が出るまでは何も失ってはならない、というのが本来の刑法のあるべき姿のはずだと思うのです。
 なのになぜか日本では「裁判になった」というだけで「犯罪者に決まっている」というレッテルが社会全体によって貼られてしまう。
 突き詰めていくと「卵が先か鶏が先か」みたいな話になってしまうと思うのですが、「有罪率が99%なのだから裁判になっただけで犯人に決まっている」と勝手に社会の側が被告人に対して社会的制裁を加えてしまうのか、それとも「社会が勝手に社会的制裁を加えてしまうので有罪が確実な人間以外起訴すべきでない」と検察が判断したのが先か、というような事が起きているのでしょう。
 で、どちらが先だったのかはわかりませんが結果としておかしな矛盾点が出てきている。
 修正していくには「有罪が確定したわけではないのに勝手に社会的制裁を加えてしまう一般人の常識」と「検察の常識」の両方を同時に改めなければいけないのでしょうけど、それを実行するのは難しいですよね。
 とりあえず出来そうなのは社会全体に対して「有罪が確定していない人は犯罪者ではありません、だから不利益を被るのはおかしいです」というPRを大々的にしつつ、検察側が有罪になりそうにない人でも起訴して無罪判決を増やす、という事でしょうか。
 冤罪を無くし検察などの捜査機関を本来あるべき姿に戻すためには、深く社会に根付いている「起訴=犯罪者」という間違った「社会的常識」を覆していかなければならないのでしょう。
 それは大変な作業で、しかも一般の人にとっては関心が低そうな問題ではあるのですが、やっていくしかないのでしょうね。
 何よりも、この問題は一般の人にとって関心が低い半面、冤罪自体は一般の人に急に降りかかってくる災難なので、この「社会的常識」を覆していく事は一般の人の利益に繋がって行く事でもあるわけですし。
 これをどうにかしないと「冤罪になった=運が悪いだけで人生が滅茶苦茶になった」という理不尽極まりない社会をそのまま放置する事になるわけですから。
 現代の日本人が「ほとんど無意識に持っている常識」を意識的に変えて行かなければならない、そんな時代になっているのかもしれませんね。

そうですね

 可視化要求の件は、おかしいですね。つまり、日本は、体裁主義であり、一度、犯人として逮捕や起訴した限り、白でも黒にするというお国柄だと思います。政治家や行政で、『いやあ、すいません、間違ってました。』とか『不正していました。』などと認める人は、ほとんどいないでしょう。辞めて数年経って、官房機密費の裏話が暴露されるんですから。同様に嘘をつく、白を切りとおす。密約や今回の船長釈放でも政府は、嘘をついています。また、国民の大多数がそう思っているから支持率が下がるんです。同様に民主党の2トップの比諸問題も国民は、関与していたと思っているでしょう。鳩山由紀夫氏の秘書の件は、秘書の独断でしょう。しかし、最後は、議員本人も知っていたでしょう。もうどうしようもないですけどね。責任はないでしょう。

 小沢氏の件は、複雑です。権力闘争と本人は述べています。小沢氏は、他の政治家に比べ恨みを買っていたでしょう。また、色々と言う事が変るのも事実だし、建設企業と癒着に近いぐらい近い関係でしたが、献金貰って事業を切るという信じられない裏切り方をしました。自民党議員の一部も心底嫌っています。民主党内でも理解できない人達もいます。力こそ全て、そして、選挙こそ全て。小沢氏の元秘書は、どうすれば親分に気に入られるか知っていたはずです。また、自分が議員になるために努力したはずです。つまり、双方にメリットがあり、罪を犯したはずです。命令はしていないでしょうが、把握はしていたでしょう。つまり、俺(小沢氏)は、知らないという前提で物事が進んでいたはずです。だから、証拠もないでしょう。

 今までの経緯や故田中氏や故金丸氏などをみれば、やっぱりと皆が思うのです。金に対する執着は凄いです。それが、結局は、人を集め、選挙で勝利でき、自身の権力に繋がるからでしょう。政策面では、色々と言っていますが、選挙で勝つためであり、興味はないでしょう。また、国民が望むという事を盛んに口にしましたが、そうであれば、民主党離党か議員辞職をするべきなのです。

 推定無罪の原則であり、起訴されたに過ぎません。よくこの起訴自体が素人が判断した結果だと言われます。たしかにその通りです。しかしながら、これが法律なのです。法律の抜け道を得意とした人物が、法律の抜け道に追い込まれたのです。ただ、政治家は、イメージも大事です。つまり、現在の小沢氏に近づけば、選挙で不利に働くのです。

 現在の起訴は、有罪率99%。これは、ある意味、正しいでしょう。起訴された人物は、会社や社会から損害を受けます。後で無罪だった事が判明しても取り返しが付かない場合も多いでしょう。また、捜査においても同様でしょう。逆に面子やノルマ、出世から冤罪が生まれているのも事実でしょう。また、検察の体裁を守るためにも冤罪を生んでいるでしょう。司法が、どのように判断を下すのかに注目が集まります。状況証拠というか立場を勘案すると、かなり黒に近いグレーだとは思いますが・・・。暴力団は、組長もいやおうなしに罪に問われますし、鳩山由紀夫氏を含めて民主党は、秘書が逮捕されたら議員も同罪にするような法改正を求めていました。明らかに秘書単独の場合を除き、法律で議員も同罪にしたらよいのかもしれません。そうすれば、秘書の冤罪や罪かぶりもなくなり、クリーンな政治になるのではないかなと思いますね。権限があり、金を好む政治家が多いわけですから、その根源を解消しない限り、また、秘書で逮捕される者は出てくるでしょう。権力を好むから政治家になる。政治家になるから金や人が集まる。そして、自分の利益を守るために税金を使って借金をつくり、後は知らん。貴殿が言われるように名誉職にして、ボランティアに近い形にすれば良いように思いますね。公務員もそうすれば良いのでしょうが、組織として成り立たない人数に減ると思いますから無理でしょう。ちなみに、国家として大成功を納めているシンガポールの公務員のサラリーは、医者や弁護士より高いそうです。人は、金と名誉なら、金を選ぶ傾向が強いです。後者を選ぶのは、学者タイプなのかもしれないですね。また、そういう政治家は少なく、残念ながら現代では、権力闘争に敗れ非主流派と言えるように思います。オバマは該当するけど、選挙で勝つために利用された部分があるし、党内もあまり付いてこない。また、中間選挙で破れるだろうから、今後、苦難の道が続くだろう。

 日常や仕事で嘘をつく人が増えたし、嘘を付く事に罪悪感がない時代というのが問題に思う。また、自分の失敗を認めない人も増えているし。結局は、そういうのが、隠蔽になったりして問題になる。また、嘘も大きくなれば、犯罪になる。明治時代の国会議員は、一部の国民に選ばれた存在だけど、私財等を全部投げ出す人が多かった。現在は、公家政治というか頼まれて首相になったりとかしている。バイタリティーとかヒューマニティーとかが欠けているし、一種の職業になっている事も問題でしょう。それは、検察にもいえるんだけど。使命感とか満足感とか、そういう職業観であれば、また、日本も変わるんでしょうけどね。夢とか情熱とか、そういう言葉が失われている時代だし、成熟した日本なので難しいのは事実。仕事は、適合性とかやりがいとか。有権者達は、結構、ミスマッチを選んでいるし、公務員も試験だけで選んでいるから、出世欲が強いととんでもない事になるんだろう。

 サキさんへ。
 この副部長もスゴイですけど、可視化を却下した最高検の言い分もなかなかスゴイですよ。
 「彼は検察の人間なので自分の身の守り方ぐらい十分知っているはずだ、だから可視化の必要は無い」だそうです。
 …逆に言うと、検察内部の人間で無い限りあの密室で自分の身を守る術を知っている人間などいない、と証言しているに等しいと思うのですが。
 言葉の裏側に検察という組織の恐さが滲み出ている様な気がします…
 あの言い方だと、副部長の件はともかく一般の容疑者に対しては可視化を認めた方が良さそうですよね。
 このままだと検察のせいで冤罪になった人やこれからなるかもしれない人を救う事が出来そうにありません。
 検察特捜部の「巨悪を眠らせない」というスローガンはカッコいいのですが、自分たち自身が巨悪になってしまっているかもしれない、という危険性は認識しているのでしょうか?

 それにしても、司法にしろ政界にしろ、色々とオープンになった途端に問題点が次々と出てきています。
 確かに「クリーンであれば無能でも良いのか?」という疑問はありますが、あまりにもどす黒いのもどうかと思いますよね。
 色々とオープンになる事で初めて「クリーンかどうか、有能かどうか」がわかるので、とりあえず色々な事がわかりやすく見えるようになるのはまず第一歩なんだと思います。
 一通りの事が全てわかった上で、どこまでの「汚れ」を許容するかという判断ができるようになるわけですし、とりあえず明らかにすべき事は全て明らかにしてほしいですよね。
 最近の潔癖症に近いような「クリーンさ」に対する欲求は気になりますが、見方を変えれば「有能ではないのだからせめてクリーンでいてくれ」という要求なのかもしれませんよ。
 「有能だけどクリーンではない」という人間なら、使うべきか使わざるべきかと悩む事ができますが、今までベールに包まれていてよくわからなかった政界や行政の能力がわかるようになった事によって、国民から見て「思っていたほど優秀ではなかった」と感じられたので余計に「無能ならばせめてクリーンじゃないと納得できない」という方向に走っているのかもしれません。
 「有能だけど汚れている」と「無能だけどクリーン」なら選択に迷いますが「無能な上に汚れている」と「無能だけどクリーン」ならば迷わずに後者を選ぶでしょうし…
 「多少汚い事をするのも仕方が無い」と許容してほしいならば、それを許容するほど桁外れに優秀でないと多くの人は納得できないのではないでしょうか。
 例えばアメリカ政治なら「政策批判」が出来ますが、それはオバマ氏が「政策」を国民に公表しているからで、日本の場合批判すべき政策がそもそも良くわからない状態。
 「政策批判」以前の「政策が無い事」に対する批判というレベルですから…
 それを見た国民が「無能」と判断しても仕方が無い。
 そして相手が「無能」である事が前提ならば「クリーンさ」をヒステリックに求めてしまうのも無理からぬ事かもしれません。

 国家機密などもあるので全てを公開する、というわけには行かないでしょうが、本来公開すべき様な事は全て公開してほしいですよね。
 そして、マスコミもそれらを一般の人にもわかりやすく説明するという報道を心がけてくれれば、日本ももうちょっと良くなると思うのですが…
 まぁ、公開しているそばから無能がバレちゃってるような現状では打つ手が無いのかもしれませんけど。

 スゴイですね、副部長…こんな「姑息」な人間がドラマや映画以外で実在するのか疑えるほどの…こういう人がドラマや映画で出てきたら、「あり得ないよ、現実には…」と冷めてしまうレベル…
 スゴイな~…検察って、こういう人が…

 しかし、どうなんでしょう、国民…どうも最近、ヒステリックな一面もあるような感じもします。潔癖症というか…
「クリーン」の言葉の影に隠れてしまっている感じがします。「危機管理能力」とか「外交手腕」と言う言葉を最近は連想しますが…それはクリーンかどうかより重要な要素だと思うんですが、なんか…

 能力以前に「やる気」さえも感じられない現在の議員達は…野党は大喜びで「小沢氏に関する事を国会で」って…
 なんで、こんな奴らに税金払わなきゃならないんだろう…国会って…お遊戯場ですか、という…

 話がそれましたが、本当に「優先順位」が見えているのか不安になってきます。政策ではなく政治という意味で…
 能力有る無いは置いとくとしても、「政治に取り組もうとする気持ちがない」という大問題を政治家が持っていて、それは「クリーンかどうか」より、遙かに重要で、遙かに本質的な問題だと思うんですが…


 とりあえず検察に関しては、まず最初に「可視化法案」というものをきちんと設置する「癒着馴れ合いではない(権益ではない理由のある)政治」を行って欲しいですが…
 ただ…全体的に公務の可視化は難しいでしょうね…公務員…特に偉い公務員は国のために働いている訳ではないと言うことを、毎日これでもかと知らしめられている感じがします…

「国益」とは関連がない報道ばかりですからね、政治家の行動って…(漁船船長を除いて)
 小沢報道とか…一番の政治の大物が、「日本の国益」とはあまり関係無い報道しかないというのは…
 一番「国益」と密接な専門職のハズなんですが…

 例えばオバマ氏なんか、常に「政策批判」の的なんですが…ほんとアメリカ政治がうらやましい…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monokotobibouroku.blog90.fc2.com/tb.php/608-484fc6ac


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。