一言談話室

使用方法は「一言談話室・使用方法」の記事を参照してください。 ここの少し下にある「カテゴリー」から探すのが簡単です。

カテゴリー


FC2ブログランキングに参加中です。


プロフィール

泡雲法師

Author:泡雲法師


募金


FC2投票


ブログ全記事表示


過去ログ


最近のコメント


最近の記事


最近のトラックバック


リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 先日の記事の一部で紹介した「変な候補者」の結果をご報告。
 まぁ当然結果は見えていたのですけど、その成果がどれほどのものだったのかを一応伝えておこうと思いまして。

 「新党本質」…北海道から比例区で出馬していました。
 自殺するくらいなら臓器提供するために自発的安楽死をしよう、という人たちです。
 落選。
 得票数7399票(得票率0.2%)でした。
 他の主な政党が数十万票を獲得しているので桁が二つぐらい足りませんけど、あの主張で7399票というのはある意味スゴイのではないでしょうか?

 「又吉光雄」…自称・唯一神、又吉イエス。
 落選。
 得票数718票(得票率0.2%)でした。
 東京一区(自民=与謝野、民主=海江田が立候補している選挙区)からの出馬。
 同選挙区では下から2番目でした。
 自称・唯一神を718人の人が支持している…
 多いのか少ないのか、判断が出来ません。

 「和合秀則」…高速道路を強行突破している人です。
 落選。
 得票数2360票(得票率0.9%)です。
 東京11区からの出馬で、同区では最下位ですが2360票。
 こんなに支持者が居て、日本は大丈夫なんでしょうか?

 「マック赤坂」…日本スマイル党党首。
 落選。
 得票数987票(得票率0.3%)です。
 自称・唯一神と同じ東京一区からの出馬でした。
 下から3番目です。
 東京一区、変な候補者の激戦区なのでしょうか?
 それとも単に「東京」で「一区」だから目立ちたがり屋が集まっているだけ?

 「維新政党・新風」…極右団体?
 今回の衆院選には立候補してなかったようです。
 いつも選挙の度に名前を聞くので、今回も当然どこかの比例区で立候補しているとばかり思っていたのですが…
 すいませんでした、私の勘違いです。

 「みんなの党」…渡辺喜美が立ち上げた駆け込み政党。
 公示前4議席が5議席に増えました。
 この人たちは泡沫候補ではありませんが、今後は埋没しそうですねぇ…
 そういえば選挙中、この党名のせいで選挙管理委員会が大分苦労したそうです。
 「みんな」という言葉がこの党を連想させて公平な選挙にならない、という理由で「みんなで投票に行こう」というような標語が使えなくなったとか。
 迷惑な名前ですね…他に名前が無かったんでしょうか?

 「新党大地」…鈴木宗男の党です。
 北海道の比例区で立候補している政党。
 得票数433,122票 (得票率13.0%)です。
 鈴木宗男のみ当選。
 収監されたらどうなるんでしょう?

 「改革クラブ」…名前は耳にしますがよくわからない政党です。
 比例区近畿と大阪17区から西村真悟だけが重複立候補。
 前職だったんですね、この人。
 小選挙区では36650票(得票率17.1%)、比例区では58141票(得票率0.5%)を得るも落選。
 代表的肩書に拉致議連幹事長とあるのですが…
 拉致問題は大丈夫なのでしょうか?

 「新緑風会」…これまた名前はたまに聞きますがよくわからない。
 今回は立候補をしていなかったようです。
 これも私の勘違いです。すいません。
 ところでこの新緑風会って何なんでしょう?
 政党ではなく統一会派というものらしいのですが…
 政治の世界にはよくわからないものがたくさんあるみたいです。

 そして「幸福実現党」…ある意味大本命です。
 あれだけ大規模に立候補をし、組織力もあるはずなのですが結果は…
 驚愕の議席ゼロ。
 史上最大の泡沫候補確定です。
 同党から立候補していたドクター中松も当然落選です。
 比例区で一人ぐらいは当選すると思っていたんですけど…
 公式サイトからの情報ですが、ちょっと気になる一文を見つけました。
 「選挙区によっては、母体である幸福の科学の信者数にもはるかに届かない得票数もあり、信者の信仰と政治選択に分離があるものと思われました。」だそうです。
 幸福の科学、ひょっとして大した事ない?
 幸福実現党とは全く関係無いのですが、宗教政党が全員落選というと嫌な過去を思い出します。
 「オウム真理党」でしたっけ?オウム真理教が立候補していた事がありました。
 あの人たちは選挙で全員落選してからテロの方向へと暴走して行きました。
 幸福の科学、ちょっと怖いです。
 その辺は大丈夫でしょうか?
 しかし同サイトには「今後、慎重に検討を重ね、次回参院選に挑戦する折には、適性ある候補者を選び、事前の政治活動を充実させていきたいと考えます。今後とも皆様のご支援、ご指導をよろしくお願い申し上げます。」という一文もあります。
 とりあえず暴走はしなさそうですね。
 でも…ということは、まだやる気なの?
 諦めが悪いというか何と言うか…
 数年後に公明党みたいになってるんでしょうか。

 先日の記事で紹介したのはこの人たちだけですが、今回また気になる人を見つけてしまいました。
 と言っても候補者本人が気になったと言うわけでは無いのですが…

 「前田禎信さん」です。
 なぜこの人が気になったかと言うと泡沫候補の激戦区・東京一区から立候補していたんです。
 自称・唯一神とスマイル党のいるあの選挙区です。
 その選挙区で唯一神とスマイルのさらに下、最下位の得票数だった人です。
 得票数は652票(得票率は0.2%)でした。
 あの「変な人、二人」より下ってどんな人なのでしょう、というタチの悪い好奇心を駆り立てます。
 グーグルで検索してみたのですが、よくわかりません。
 無所属の新人で元特定郵便局員だそうです。
 普通の人、という事でしょうか?
 全く同じ好奇心の元、もっと得票数の少ない人はいないのだろうかと新聞を睨んでいた所一人見つけました。
 「郡 昭浩さん」です。
 愛媛一区から立候補。
 得票数は578票(得票率0.2%)です。
 やはり検索しても詳細が不明です。
 無所属新人、元塾講師以上の事はわかりませんでした。
 やはり「普通の人」なのでしょうか?
 普通の人が立候補。
 得票数を考えると「何で立候補したんだ?」という気になりますけど、本来民主主義ってこういう「普通の人」が「普通に立候補」するものなんですよね。(ちなみに、得票数が3桁だった人はこの4名だけのようです)
 そういう意味ではこういう普通の人が立候補するのは決して間違った事ではないし、むしろこういう人が増えてもいいはずです。
 ただ、現実的に考えるとやはり無謀かと。
 仮に当選してしまったとして、何が出来るのか不安ですし。
 あえて冷静に指摘をするなら「なぜいきなり国政に出た?」というところでしょうか。
 政治は素人が当選していきなりどうこう出来るものでもないでしょう。
 そのような事になったら、当然官僚任せになってしまいそうですし。
 現実的な妥協点を挙げるなら、「まず地方選挙に立候補せよ」ということでしょうか。
 いきなり国政に出るのならばどこかの政党に所属するべきでしょうし、どうしても無所属で行きたいのならばまず市区町村議員選挙に挑戦し、政治の経験を積むべきなのではないでしょうか?
 そこから都道府県議会に行き、国政へ、というのが流れとしては現実的なのではないかと思います。
 余談ですが、村山富市元総理がこの順で進み最終的には総理大臣になりました。
 無所属ではありませんけど…
 市議会→県議会→衆議院、という順番です。
 一応、「普通の人」でも段階を踏んでいけば総理大臣になれる可能性はあるわけです。
 確率は物凄く低いですけど。
 政治を志すなら、まず地方議会を目指してみてはいかがでしょうか。
 普通の人が地方議会に次々と立候補し、その中から優秀な人がステップアップして国政に行く。
 そういう流れが社会全体に起きてくれれば、この国はさらに大きく変わるのではないでしょうか。



 ところで、今回の選挙で自民党に巣食っている「ぬらりひょんズ」が何名か落選したようです。
 まだまだ何人か自民党内にぬらりひょんは生き残っているようですが、今後徐々に減っていくのではないでしょうか。
 何がしたいのかわからないけれど、なぜか政界に居座り続け議席を保守し続けるぬらりひょん達。
 彼らが一掃される時はそんなに遠くないかもしれません。
FC2 Blog Ranking←一理あるな、と思ったらクリックしてね。


 追記
 「えいはち」さんから貴重な情報をいただきました。
 えいはちさんのブログ「えいはち@十二社の行動」の記事、「日曜日が待ち遠しい!」にて東京一区の選挙のポスター掲示板が掲載されています。
 また、自称・唯一神の主張や前田禎信さんが掲載されている選挙公報の写真も掲載されています。
 ポスター掲示板の写真ではスマイル党の怪しげなポスターも拝見できます。
 ぜひ、一度ご覧になってください。
 ・えいはち@十二社の行動「日曜日が待ち遠しい!」へ←リンク

 前田禎信さんに関しては新しい情報を見つけました。
 「652票…“アニメ政策”訴えた38歳無職男の自爆選挙(夕刊フジ)」←リンク
 この記事によると前田さんはアニメ「コードギアス」の設定を参考に「合衆国日本!」をスローガンにし、アニメーターの所得向上や若手アイドルが活躍するイベントスペースを国費で借り上げるなど、「アキバ系政策」とでも呼べそうな案を提唱していたようです。
 …やっぱり変わり者の「変な人」だったのでしょうか?
 それでも他の変わり者候補者に比べれば遥かにマトモな候補者なのかもしれません。
 記事の印象からすると「社会の底辺代表」「オタク代表」という見方もできそうです。
 こういう人が自由に立候補できるというのも、民主主義が機能しているという証明なのではないでしょうか。

コメント

 えいはちさんへ。
 貴重な情報ありがとうございます。
 前田禎信さんだけでなく、マタヨシさんの事までわかり、楽しませていただきました。
 東京一区、住民の方から見ても目立ちたがり屋が集まっているという印象なのですね。
 住民の方にはご迷惑でしょうが、変な候補者を探すのが好きな人間にとっては「集まる場所がある」というのが大変ありがたいです。

東京1区

はじめまして。東京1区(新宿区)の住人です。
前田禎信候補について気になったということでしたので、選挙公報の同候補の欄の画像をアップし、TBさせていただきました。

>それとも単に「東京」で「一区」だから目立ちたがり屋が集まっているだけ?
これはまさにそのとおりだと思っています。
それでも今回のように9人も立候補というのは初めてです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monokotobibouroku.blog90.fc2.com/tb.php/561-d03950ca

日曜日が待ち遠しい!

フランソワ・トリュフォーの映画(遺作)のことじゃなくて、衆院選投票日。 わが東京1区は「首都・東京」の「1区」ってことで、 都知事選ほどではないけど、時々、異色候補が出馬する。 先日の都議選のとき同様、ポスター掲示板を撮ってきた。 (クリックで拡大、160...

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。