一言談話室

使用方法は「一言談話室・使用方法」の記事を参照してください。 ここの少し下にある「カテゴリー」から探すのが簡単です。

カテゴリー


FC2ブログランキングに参加中です。


プロフィール

泡雲法師

Author:泡雲法師


募金


FC2投票


ブログ全記事表示


過去ログ


最近のコメント


最近の記事


最近のトラックバック


リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ほとんど暴論なのを承知で書きますが、仙台にオリンピックを誘致してはどうでしょうか?
 石原東京都知事は2020年の東京オリンピック誘致にいまだにこだわっていて、今度は震災の復興のシンボルや祝いのイベントとして誘致しようというような事を言っていますが、東京でオリンピックをやったところで復興の記念などにはなりません。
 それをやるなら仙台です。
 最近の報道では福島の原発ばかりやっていて、正直仙台が現在どういう状況にあるのかはよくわかりませんが、おそらくまだ復興の道筋すら立っていないでしょう。
 そんな状況で何がオリンピックだ、と言われそうですが、逆にだからこそオリンピックを誘致するのです。
 もちろん状況が状況なので、今までのオリンピック誘致のように県や市だけでどうにかしようというのは無理です。
 だから国が国策として前面に出てやるのです。

 私は個人的にはどのような状況でどこでやるにせよ、基本的にはオリンピックを誘致するという行為自体に反対です。
 というのも、一般的に誘致したいと言っている人たちの多くは経済効果を期待するのですが、多くの場合オリンピック開催まではスタジアムの整備などで経済が潤うのですが、オリンピック終了後はそれらの施設の維持管理費などで赤字が膨らみ、長期的に見てオリンピックというのは収支がマイナスになる可能性が高いというのが反対の根拠です。
 それでも、今この時期に仙台にオリンピックを誘致するのだけは賛成です。
 震災直後のこの時期ならば、経済効果だけでなくあらゆる面で収支のマイナスよりも得るものが大きいだろう、というのが理由です。
 仙台の地理に詳しくは無いのですが、震災直後のニュースの映像などを見る限りあの辺りには甚大な被害が出ています。
 津波によって無残な姿になった映像は世界中に配信され、街は跡形も無くなりゼロから作り直さなければならない、というような状態でしょう。
 その復興案として一部ではコンパクトシティーとかエコな街づくりとか色々と案が出ています。
 このコンパクトとかエコという発想、都知事が提唱していた「新しいタイプの五輪」とほぼ同じではないでしょうか。

 今現在被災地は復興の目途も立っていないようですし、このような状況では被災者の人たちも明るい希望なども見出しにくいでしょう。
 ですが、ここで国が「仙台でオリンピックをやる」と言い出したらどうでしょう。
 言った直後は「何言ってんだバカ野郎、それどころじゃねぇよ」と非難されそうですが、オリンピックをやるというのは復興した後の姿を具体的にイメージできる一つのアイデアだと思うのです。
 しかも2020年。
 被災者の方の「この生活がいつまで続くんだろう…」という先の見えない不安に対して、「とりあえず2020年までにオリンピックが出来るところまで復興させる」という声明を出すことになるわけで、全く希望が見えずともすれば「もしかしてこのまま国に見捨てられるんじゃないだろうか」という不安さえ抱きそうな被災者に対して「国は絶対に見捨てない」というアピールにもなります。
 「あと9年で街が蘇る」というのは被災者の方にとっても一つの目標になるのではないでしょうか。
 そしてもちろんただ街を復旧させるだけではありません。
 今までの街を元通りにするというのではなく、さらに今まで以上のより良い街を新しく作り出すわけです。
 こういう言い方は被災者に対して失礼ですが、津波で街が無くなっているからこそ色々とやりやすい、という側面もあるでしょう。
 瓦礫の撤去と同時に新しい街をゼロから計画的に作り出す非常に稀有な機会、と捉える事も出来ます。
 コンパクトシティーという街全体をコンパクトにまとめるという21世紀型の新しい街並み、原発や化石燃料に頼らない自然エネルギーを中心にした街づくり。
 送電網は送電ロスの少ないスマートグリッドを整備し、日本の最先端の技術を結集したような街を作り、そこでオリンピックを開催するわけです。
 場合によっては東京からリニアモーターカーを走らせる、ぐらいの事を計画してもいいかもしれません(さすがにリニアモーターカーは時間的に間に合わないかもしれませんけど)
 もしそういった事がすべて可能になったらどうでしょうか?
 オリンピックという世界的に注目しているイベントが仙台で行われる。
 そしてそこに現れた仙台の街と日本の技術は世界最先端で溢れている。
 例えば、コンパクトで機能的な街並み。
 例えば、オリンピックという大イベントさえ自然エネルギーのみで賄える技術力。地球環境にやさしいライフスタイルやイベントの形。
 さらにあの悲惨な状況からわずか9年で立ち直ってしまった日本という国の力強さ。
 成功させればこれ以上ないぐらい「日本という国はスゴイ」というのを世界中に見せつける事ができるわけです。

 もちろん上手く誘致できるかどうかはわかりませんが、この誘致に関しても震災はプラスに働く可能性があります。
 先のオリンピック誘致で東京が破れブラジルが選ばれた時の理由の一つに「南米で初のオリンピック」というキーワードがありました。
 また、サッカーワールドカップの南アフリカ大会の時もそれに近い要素がありました。
 今国際社会ではこういう大規模なイベントを決定する際に「他の候補を黙らせるぐらいの強力な大義名分」というのが重要になっているのではないでしょうか。
 その点仙台は震災直後です。
 「わずか9年で大規模な震災から立ち直った都市で開催する」というのは立派なアピールポイントになりそうに思えませんか。
 南米初とか途上国であるとかいう大義と同様に、「人類は自然の猛威にさらされても立ち直る事が出来る」というのは世界中に対しても大きな希望を与える事になるはずです。
 そういう点を前面に押し出していけばオリンピック委員会だって興味を示すでしょうし、選ぶ際にも「人類の転機になるかもしれない」とか「ただ単純にあの状態から復興できるのか見てみたい」というように選びたくなりそうな理由はいくらでも出てきます。
 そして開催されるのは上に挙げたような最先端の技術で彩られたオリンピックです。
 今までの20世紀型のオリンピックとは違う、21世紀型の環境にやさしくコンパクトなオリンピックです。
 そこで海外の人が見るのはオリンピックというイベントだけではなく、21世紀の人類はこういう生活を営むのだ、という新しいライフスタイルの提示でもあるわけです。
 そのライフスタイルを支えるのはメードインジャパンの技術力です。
 国際的な舞台で日本の最先端の技術をこれでもかというぐらい見せつけるわけです。
 日本という国の技術力をアピールするにも最適です。
 さらに震災から9年での復興。
 津波で押し流され何もなくなったゼロからの復興です。
 今でも日本という国は「戦争に負けて焼け野原になったのに短期間で経済大国になったスゴイ国」というイメージが国際的にはあります。
 その伝説を再び行うわけです。
 何せあの震災と津波の被害は世界中に知れ渡っています。
 さらに原発の問題も起きました。
 それらを踏まえてなお、「わずか9年で復興し脱原発まで成し遂げた」という実績を作れれば新たな「日本の奇蹟」と言われるようになるでしょう。
 日本国内にとってもこれはいいイメージになるはずです。
 戦後焼け野原から経済大国になった、というのは日本人にとって大きな誇りとなっています。
 しかし、そういう体験をしている人たちも高齢化しそういった話は「過去の栄光」となっています。
 さらには失われた20年とか言われてバブル崩壊以降日本にというより日本人には元気がありません。
 そこへ「震災から9年でオリンピックを行うという奇蹟」という経験は、今を生きている日本人にとって共通の成功体験となり、日本人であるという事を誇れるような自身にも繋がるでしょう。
 そういう国民全体で共有できる成功体験というのは、日本人全体を必ず元気にしてくれるはずです。
 どうでしょうか、このアイデア。
 オリンピックなので短期的にはスタジアムなどの建設等で経済効果が期待できます。
 被災地に無理矢理に雇用を生み出すことにもなるでしょう。
 9年後にオリンピックを行う、という目標を提示すれば被災者の人たちにとっても励みになります。
 国際的に見れば「日本はやっぱりスゴイ国だ」という尊敬を集める事が出来るでしょうし、環境保護などでの技術力を世界的にアピールする絶好の機会になります。
 そして長期的に見れば、日本人全体に成功体験をさせる事で日本人としての誇りを持ち、日本全体に自信と元気を生み出します。
 そこで日本が提示する21世紀のライフスタイルは、世界中から羨望の的となるでしょうし、たくさん仕事も舞い込むでしょう。
 「9年後に仙台でオリンピックをやる」現状を考えれば夢物語ですが、こういう事を成功させてこそ本当の意味での復興であり、世界に「新しい日本」や「日本再生」「日本復活」という強いメッセージになるはずです。
 さらに大きな視点で見れば人類全体に対する希望にもなるでしょう。
 「環境を守りながらでも最先端の文明を享受する事は可能なんだ」
 「自然と共存しながらでも科学は発展できるんだ」
 「人間は自然の猛威にさらされても立ち直る事が出来るんだ」
 こういう、今人類全体に取って必要なメッセージを日本人が送る事が出来る、そしてそのチャンスが目の前にあるという風に考えるのは、とても前向きで力強い姿勢なのではないでしょうか。

 昔から「政治家は夢を語るべきだ」とか「ビジョンが重要」と言います。
 「9年後に仙台でオリンピックを」…これほど明確でわかりやすい夢やビジョンはないのではないでしょうか。
 オリンピックの誘致や具体的な「コンパクト五輪・エコ五輪」といったノウハウは東京都が持っているはずです。
 それをベースに日本中のあらゆる最先端の技術を投入し、仙台で21世紀型のオリンピックを開催する。
 脱原発や自然との共存は日本全体で2020年までに達成するのは難しいかもしれませんが、仙台周辺だけ、オリンピックだけという範囲限定でなら完全に行う事が可能かもしれません。
 その「仙台スタイル」とでもいうべきシステムそのものを成功例・モデルケースとしていくというのも人類の将来にとってプラスになるはずです。

 ただの夢かもしれません。
 無茶で無謀かもしれません。
 でも、これぐらいの事を言ったりやったりしないと日本は元気になりません。
 「頑張れ」とか「元気を出せ」などという中身の乏しい言葉よりも「9年後に仙台でオリンピックやるぞ!」の方が気合が入ると思いませんか。
 例え周りから無理だとか無茶苦茶だとか言われても、総理大臣のような人間が暴走気味にでも「やるぞ!」と前進していけば結構どうにかなるのではないでしょうか。
 そして、それが成功した時に日本と日本人が得るものはものすごく大きい。
 「日本の技術力の証明」
 「日本に対する国際的な信用と尊敬」
 「日本人自身の尊厳と自信と元気」
 今の日本と日本人にとって足りなくて必要なものがすべて手に入るような気がします。
 無茶を承知で賭けに出るのも悪くないでのは無いでしょうか。
 「9年後に仙台でオリンピック」…チャレンジするだけの価値はあるはずです。
 とりあえず「誘致のノウハウ」「大義名分」「新しく街を整備しやすい」など条件は揃っていると思うのですが。
FC2 Blog Ranking←一理あるな、と思ったらクリックしてね。




 「9年後に仙台でオリンピック」…スローガンとしても使いやすいし、政治家よ、これくらい夢のある事をぶち上げてくれ、国民に目標や勇気や元気を与えるのもお前らの仕事だぞ。
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。