一言談話室

使用方法は「一言談話室・使用方法」の記事を参照してください。 ここの少し下にある「カテゴリー」から探すのが簡単です。

カテゴリー


FC2ブログランキングに参加中です。


プロフィール

泡雲法師

Author:泡雲法師


募金


FC2投票


ブログ全記事表示


過去ログ


最近のコメント


最近の記事


最近のトラックバック


リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 菅総理、ボロクソに言われています。
 リーダーシップが無いだとか、人間的に問題があるとか、無能だとか…
 まぁ、確かに何となくパッとしません。
 今現在彼が何をやっているのかはよくわからないし、これからどうやって復興させようとしているのかもよくわからないし、そもそも事態が収束に向かっているのかもよくわからない。
 ボロクソに言われても仕方がないのかもしれません。
 無能なのかもしれません。
 それでもあえて言います。

 「菅はそんなに無能ですか?」

 状況だけ見れば有能とは言い難いです。
 私も彼が極めて有能だと言うつもりはないですし、そんな根拠もありません。
 私が言いたいのはつまり、

 「じゃあ、誰ならいいの?」

 という事です。
 言い換えるなら

 「他に誰がいるの?」

 であり、

 「他に何ができるの?」

 です。
 状況を一応整理すると、今回の大震災は「大地震」と「大津波」と「原発事故」の三点セットです。
 被災範囲は広範囲に広がり、原発は事態解決には程遠い感じで、電力不足というオマケまで付いています。
 間違いなく、戦後最悪でしょう。
 だからこそ強いリーダーシップが求められている、というのはわかるのですが、では実際今何ができるのでしょうか?
 例えば原発です。
 水を注ぐ、冷却のための電力を復旧させる、汚染された水を処理する…
 報道などを見ていると「こんな事しかできないのか?」と思うような事ばかりです。
 事故後しばらくの間は「なぜこの時代にこんな原始的な対応策しかできないのだろう…」と感じるようなモノもありました。
 でも、原発に関わっている人たちだって素人ではないはずです。
 プロが集まって専門技術を結集して、それでもあんな事しかできなかったという事は、アレが現代の人類の技術の限界という事なのでしょう。
 一連の対応を批判している人に聞きたいのですが、他に何か対処法があるのでしょうか?
 あったらすぐに教えてあげてください。
 もしかしたら専門家が思いつかないようなコロンブスの卵のようなトンデモナイ解決策がどこかにあるのかもしれません。
 でも、そんなものはおそらく無いのでしょう。
 無いから今現在もこういう状況なわけです。
 菅内閣はダメだ、だからすぐに退陣せよ、というのは簡単なのですけど、菅が退陣すると原発が大人しくなるのでしょうか?
 他の誰かが総理になると原発がどうにかなるのでしょうか?
 …何も起こらないですよね。
 鳩山だったら何か解決策があるんでしょうか?
 「トラストミー」とか言っておしまいなんじゃないでしょうか?
 小沢だったら何かできるのでしょうか?
 復興にかこつけて私腹を肥やすかもしれません。
 麻生だったらどうでしょう?
 病気でやむを得ず働けないような人たちに向かって「何で俺が払った保険料が働きもせず飲んだり食ったり寝たりしているだけの奴らに使われなくちゃいけないんだ」と暴言を吐いたような男です。
 今回だって「原発で補助金を受け取っておいしい思いをしてきたんだからこれくらい我慢しろ」とかそういう非道な事を言うかもしれません。
 福田だったらどうでしょう?
 「あなたとは違うんです」と迷言を残していましたが、ねじれ国会の折「誰と話をすればいいのかわからない」とか「どうすればいいんですか?」みたいな逆切れもしていました。
 原発に向かって「原発君が言う事を聞いてくれない」とか「他にやりようがない」と言うだけかもしれません。
 安倍だったら…震災直後にストレスでお腹を壊して退陣したかも…
 小泉だったら被災地に直接行って被災者に向かって「大変だけど頑張ろう」と声をかけて終わりかも…
 確かに菅はダメなのかもしれない。
 でも、原発に関してはおそらく誰がやっても同じ対応しか取れないのではないでしょうか?

 仮設住宅の建設が遅れているとも言われています。
 こちらもリーダーシップを発揮してどうにかして欲しいところです。
 ところで、報道によるとこの仮設住宅もなかなか難しい状況のようです。
 津波で大部分が被災しているので仮設住宅を建てる場所がなかなか見つからないとの事です。
 建てられるならどこでもいい、というのならばともかく、余震は続いていますし津波だってまた来るかもしれない。
 仮設住宅を建てるためには「津波が届かないような安全な高台」が必要です。
 そういった場所は思いのほか少ないのでしょう。
 それだけでも大変なのに被災者の人数も桁外れです。
 少ない高台にたくさんの入居希望者。
 これは総理が無能とか、そういう次元の話ではないでしょう。
 また、仮設住宅を作るための資材を供給する会社が被災しているとか、いろいろな材料を作るための工場が電力不足で十分に機能できていない、という話もありました。
 これも総理の能力とは無関係です。

 何が言いたいか。
 つまり、

 「誰がやっても同じ結果」

 だという事です。
 菅は無能なのかもしれない。
 仮にものすごく無能だとしましょう。
 ですが、現状を考えるとどんなに有能な人でも出来る事は限られていて、おそらく結果は大差ないはずです。
 もしもオバマ大統領が陣頭指揮を執っていても結果は変わらないでしょう。
 無能無能と言われながらも、それでも少しずつですが状況は改善しているはずです。
 多くの人が罵っているからには、そのスピードは期待ハズレなぐらい遅いのでしょうが、それでもどうにか前に進んでいるのも事実です。
 無能と批判したくなるのはわかるのですが、ならばその他に何ができるのかという代案を具体的に提示していないのでは、菅が無能であることを証明した事にはなりません。
 むしろ、この状況下で総理が交代したら混乱に拍車をかけるだけなのではないでしょうか。
 総理が退陣し次の総理を決めるための権力争いが行われる、その間復興は停滞するかもしれません。
 その権力不在の間に余震で被害が出るかもしれません。
 原発の状況が悪化するかもしれません。
 新しい総理が決まっても、また現状把握などの情報収集を再度始めなければならないかもしれません。
 時間のロスが大き過ぎます。
 「菅はダメ、退陣すべき」と言うのは構いませんが、彼が本気で嫌になって「やーめたっ!」と投げ出したらどうするつもりですか?
 そっちの方が余計状況が悪くなるのではないでしょうか。
 このような誰もが放り出したくなるような最悪な状況の中で、批判されながらもとりあえず総理として何とかやっているというのは、それだけでそこそこ立派と言えない事も無いでしょう。
 能力的に十分とは言えないかもしれませんし、満足できる結果を出しているとも言い難い感じではありますが、ここ何年か続き伝統となりつつある「政権放り出し」をこの期に及んでやっていないというのは、国民からすればそれなりに助かってはいるし、それが権力への妄執ゆえだとしても結果として「責任ある態度」と呼べない事もないでしょう。
 まぁ「投げ出すような奴よりマシ」という程度なのかもしれませんけど、それでも「マシ」は「マシ」なのです。

 「責任」という点から見ると自民党はどうなのでしょうか?
 何だか最近の菅バッシングを見ていると「地震を起こしたのも菅で、津波が起きたのも菅のせいで、原発を作ったのも菅だ」みたいな「大怪獣カン・ナオト襲来」みたいな雰囲気になってますけど、違いますよね?
 地震と津波は天災で、原発を作ったのは自民党政権です。
 天災の方はどうしようもない、とも思えるのですが「災害時の避難」や「天災への備え」という意味で政権交代後民主党は何かやったのでしょうか?
 多分やっていませんよね。
 それはもう皆さんが「無能だ」と言いたくなるぐらい民主党政権は政権交代後目覚ましい成果を上げていません。
 もう本当に、事業仕分け以外何もやってない。
 当然「災害時の対応マニュアルを一から考え直す」とかそういうやっておいて欲しい事もやっていないはずです。
 覚えている範囲だと事業仕分けで「備蓄用の塩だか米だかの量が多過ぎるから削減すべき」という程度です。
 今回塩とか米とかが足りない、という話は聞きません。(支援物資が届かないという声はありましたが)
 民主党政権が災害に対する備えという点で何か足を引っ張るような事をあらかじめしていた、とも思えません。
 とすると、今回のこの混乱は「元々作られていた防災対策の方法が不十分だった」とか「そういった重要な引継ぎを政権交代の折にやっていなかった」とかそういった事なのかもしれません。
 もしそうだとするなら、自民党にだって責任はあるはずです。
 もちろん「政権交代したんだからありとあらゆる国難に対する対応策ぐらい自分たちで考えておけ」という理屈も成り立ちますが、国民の命がかかっているのですからそういう出し惜しみは無責任でしょう。
 原発に関しても同じです。
 今まで長い間「原発は安全」で「地震や津波が来ても大丈夫」と言い続けてきたのは自民党です。
 さらにリスク管理という意味では致命的な「一か所に集中させる」という方針で「原発銀座」を作ったのも自民党でしょう。
 その辺の責任はどうなんでしょう?
 変な喩かもしれませんが「治療不可能なぐらい病状を悪化させた患者が手遅れになってから医者に掛り『治せないのは医者が無能だからだ』」と非難しているようなものです。
 ちょっと横暴過ぎませんかね?
 自民党は一生懸命菅バッシングをやってますけど、そもそもこのような事態を招く遠因を作ってきたのは自民党ではないでしょうか?
 原発の災害に対する見通しが甘かった、という意見も出ていましたが、その見通しの甘い原発を作ってきたのは自民党です。
 経済産業省の幹部が電力会社に天下りするからチェック機能が失われた、とも言われていますが、それも自民党政権時代からの慣例です。
 もちろん民主党は政権交代時に天下り根絶と言っていたわけですから、政権交代直後に天下りを根絶し原発を始めあらゆるチェックを強化していたらもしかしたらこのような事態になる前に対応策が打てたのかもしれませんけど、政権交代後わずか2年でそこまで期待するのは難しかったのではないでしょうか。
 やはり根本的な問題は自民党政権時代に遡って考える必要があるはずです。
 それなのに自民党からはそういう事に対する反省の弁は聞こえてきません。
 「菅はダメ、退陣すべき」と言っているだけです。
 同じ政権交代を目指すのでも、「自民党の今までのやり方が間違っていた。このような事態を招いたのは自民党の責任なので、自らの失敗の尻拭いを自分たちで行うために政権交代してくれ」というのならばまだ理解できるのですけど…
 民主党内の反対派、例えば小沢氏とかにも言えるのですが、「菅はダメ」というのならば「自分ならこういうやり方でやる」と具体案を出すべきでしょうし、またこのような国難の状況において「私のアイデアを菅に真似されて手柄を横取りされるのは嫌だ」とか、そういう些末なメンツにこだわっている場合でもないでしょう。
 アイデアがあるのならば出し惜しみせずドンドン出して使ってもらうのが本当の意味での「滅私奉公」であり、国民の利益のはずです。
 自分のメンツなどを考えて出し惜しみなどするのならば、そっちの方が国賊モノでしょう。

 多くの人が「菅はダメ」というのならば菅はダメなのかもしれません。
 ですが、ダメだからと言って交代させるのはこの非常時にはマイナスです。
 むしろ「バカとハサミは使いよう」という言葉のように「ダメな菅をどうやって使いこなすか」ぐらいの発想でこの事態の収拾に協力する、という態度が重要なのではないでしょうか。
 菅はダメなのかもしれません。
 しかし、ダメなものを使いこなせない人もまた同じように「無能な人」なのではないでしょうか。
FC2 Blog Ranking←一理あるな、と思ったらクリックしてね。
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。