一言談話室

使用方法は「一言談話室・使用方法」の記事を参照してください。 ここの少し下にある「カテゴリー」から探すのが簡単です。

カテゴリー


FC2ブログランキングに参加中です。


プロフィール

泡雲法師

Author:泡雲法師


募金


FC2投票


ブログ全記事表示


過去ログ


最近のコメント


最近の記事


最近のトラックバック


リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政界迷走中…

 何やってるんでしょうねぇ、民主も自民も…
 政治と金で揉めている民主党。
 小林千代美衆院議員が辞めるのか辞めないのか、離党するのかしないのか、ハッキリしない。
 それ以前に政治と金に関しては鳩山総理も小沢幹事長もスッキリとはしていない状態。
 少なくとも国民の側は「説明責任を果した」とは思っていない模様。
 そこで小沢幹事長に「辞めろ」と言った生方幸夫副幹事長が逆に更迭…と思いきや一転留任へ。

 自民党の方は「アルカイダの友達の友達」が龍馬気取りで離党するも、手を貸す人がゼロ。
 にもかかわらず党内には以前「新党結成も視野に…」と言っている人が何人か…

 何でしょうねぇ、コレ?
 見ている分には面白いのですが、他にやる事ないんでしょうか?
 いっぱいあると思うんですけど…

 それにしても小沢幹事長の独裁状態の現在の民主党。
 二重権力構造だ、などと以前から指摘されていて、今回の「異論を唱えただけで更迭」という状態を見るとまさに「独裁国家」と言う感じですが、その直後の撤回という行動を考えると必ずしも独裁状態とまでは言い難い状態のようです。
 昔の、小沢幹事長が自民党に居た頃の自民党ならば、おそらく国民の意見など無視して独裁状態にしていたのでしょう。
 今回の「更迭→撤回」などという事態には決してならなかったはずです。
 それが今回撤回された。
 これってつまり民主党が、おそらく小沢幹事長が「国民の目を気にしている」という事なのではないでしょうか。
 独裁者だったら撤回などしないでしょう。
 次の参院選を睨んで、という事なのでしょうけど「少なくとも今現在は世論を気にしている」のは間違い無さそうです。
 国民が思っているほど独裁状態ではないのでしょう。
 少なくとも「今、現在は」…

 龍馬気取りのあの御仁は一体何がしたいのでしょうか?
 単なるピエロにしか見えないのですが…
 聞いたところによるとこの御仁、東大を首席で卒業したんだとか。
 学力は高かったんでしょうねぇ、頭は悪そうに見えますが。
 能ある鷹は爪を隠す、とは言いますが何か隠しているんでしょうか?
 そう見えない所がスゴイのか、はたまた本当に馬鹿なのか…
 彼の発言をちょっと見てみると何だか妙な事を言ってるんですよね。
 薩長を結びつけた龍馬の様に、与謝野馨と舛添要一を繋げたいって。
 気持ちはわからんではないのですが、そもそもお二方とも「自民党」という枠組みの中に既に入っているはずなのですが…
 同じ党の中にいるのですから「既に繋がっている」と普通は考えるはずです。
 この人の中では「同じ党の中にいても別の党にいる」という事なのでしょうか。
 彼の発言を額面通りに受け取れば「今現在結びついている二人をわざわざ引き剥がした後、もう一度繋げる」という事になるような気がするのですが…
 東大主席の頭の中は私には理解不能なようです。

 彼の言動はともかくとして、もう一つ妙な報道もあるんですよね。
 彼は言うまでも無く「総理の兄弟」、そして与謝野馨という人は小沢幹事長の囲碁仲間なのだそうです。
 もしもこれらの人脈が繋がって、最終的に民主党に合流する、というような流れになったとしたらどうなるのでしょうか?
 昨今、民主党の支持率は下がっています。
 中には「参議院過半数割れ」を危惧する声も出ています。
 参議院が過半数を割れば再びねじれ国会です。
 そしてまた「大連立」とかそういう単語が出てくるのでしょう。
 もしかしたら一連の騒動はそれに備えたものなのかも…
 仮に、次の参院選で民主党が過半数割れを起こしたとして、だからと言って大連立と言うわけにはいかないでしょう。
 国民が黙っていません。
 以前もそれでダメになったわけですから。
 でも、新党結成→連立なら文句は出ないかもしれない。
 次の参院選後、民主党が過半数割れを起こしたら、自民の中での「小沢親派・鳩山(兄)親派」な人たち、もしくは「とりあえず権力大好き」な人たちが揃って離党→新党結成→連立→過半数維持、という流れが作れそうです。
 ついでに民主党の方でも「反小沢」な人たちを切り捨てて分裂させてしまえば一気に「小沢政権」完成です。
 しかもこの小沢政権は超強力です。
 何せ参院選後に行うとなれば次の選挙、つまり民意を問う機会が当分やってきません。
 参議院は任期6年で3年毎に半数改選、衆議院は4年が任期で途中解散アリ、です。
 衆院解散は総理の権限。
 なので小沢幹事長が鳩山(兄)を切る事はないでしょうけど、それ以外は切り捨てるかもしれない。
 前回の衆院選が去年だったので、衆院が任期満了までやれば向こう3年は衆院選は無し。
 という事は、その気になれば参院選後は3年間も衆議院も参議院も選挙無し、となるわけです。

 今回の生方幸夫副幹事長更迭騒動は「参院選を控えて民意を気にして」撤回と言う運びになったのでしょう。
 これがもし「3年間も選挙無し」だったらどうなるのでしょうか?
 選挙前なのに独裁政治の気配を出した人たちです。
 これが選挙後の「磐石にして完全なる3年間の独裁政権」となったら、どうなるのでしょうか?
 何だかもの凄く嫌な予感がします。

 ついでに…
 報道によると今まで自民党の支持母体だった各業界団体の自民離れが進んでいるそうです。
 それを根拠に「参院選で自民壊滅」と予想している人もいます。
 そして小沢幹事長はこの各団体から民主党の立候補者を出させて、各団体の「民主党への忠誠度」を計ろうとしているのだそうです。
 今まで自民を支えていた業界団体がそのまま民主党へ鞍替え…
 かつてのような強固な一党独裁体制がまた起きるのでしょうか。

 この嫌な気配と状況を変える手段があるのかどうかわかりませんが、ちょっと気になる可能性もまだ残っているかもしれません。
 龍馬気取りのあの御仁が言う所の「国民の期待度が高い舛添要一」は「政治家にとって基本は政策だ。新党をつくるとか、誰と組むとか先にやるからおかしくなる!」と正論を言っています。
 舛添議員が「政策が基本」というスタンスを貫いていて、その政策が小沢幹事長とかけ離れている場合、舛添議員と小沢幹事長が手を組む、という事はないでしょう。
 この二人をどこぞの馬鹿が「薩長同盟」のように結び付けてしまったら大変ですが、もしそうならなければ対立軸は出来るわけです。
 そして、昨年政権交代が選挙によって行われたように、例えどんなに業界団体を味方につけようと「民意を無視すると政権交代が起きる」という先例はあるわけです。
 舛添議員は「国民の期待度が高い」わけですから、その民意を背負う可能性は十分にある。
 最悪の事態になっても、まだ他に選択肢が残る可能性は残されていそうです。

 それにしても…舛添議員の言葉ではありませんが、本来政党というものは「同じ志を持つもの同士」が集まるものなはずです。
 同じとまでは行かなくても「理想が近い」人同士が集まっているのが政党のはずです。
 それなのに日本はいつの間にか、理想や政策は関係なく「権力が欲しい」という一点のために政党が結成されているような状態になっていました。
 政界が混乱するのは困りものではありますが、与野党を問わずしばらく離合集散を繰り返して、本来の政党のあるべき姿である「考え方が近い人同士で集まる」という形に落ち着いてくれる事を望みます。
 舛添議員が「政策が基本」と言い続け、彼の周りに彼と近い考え方の人が集まり、その対極に彼とは反対の考えの政策を掲げる「政策が基本」というような人が現れれば、マトモな「二大政党制」の民主主義国家になれそうではありますが…
 舛添議員と反対の理想を掲げる「政策原理主義者」…いるのかなぁ?





 ところで…どうでもいい事なのですが、最近政界では坂本龍馬が流行っているそうで、上の御仁だけでなく他にも「龍馬のようになりたい」と言っている人が多々おられるそうな…

 あえて言おう。

 馬鹿じゃねぇのか?

 私は坂本龍馬という人間にそんなに詳しいわけではありません。
 が、そんな私でさえいくつかのドラマなどの物語を通じて彼のイメージというものを知っています。
 おそらく「龍馬好き」な人たちの抱いている坂本龍馬のイメージも私と大差ないでしょう。
 では、その坂本龍馬の人間像とは何か?
 その一つに「自分の事を優先して考えない」というものがあります。
 史実かどうかは知りませんが、彼が思い描いた理想国家の中には彼の名前は無かったそうです。
 当時の各指導者たちの名前は「内閣のようなもの」の中に入っていたようなのですが、当の龍馬本人の名前は無かったらしいです。
 つまり自分は裏方に徹していたようなのです。
 出来る限り自分の名前を後世に残さないようにしていた、と考えている龍馬ファンも多いようです。
 それなのに「龍馬気取りの人たち」は自分の名前を売る事に必死です。
 ちょっと変な言い回しになってしまいますが、「坂本龍馬のようになりたければ坂本龍馬のようになろうとしてはいけない」のです。
 本当に彼のようになりたければ、誰にも何も言わずバレない様にコッソリと大きな事をして、しかも自分は裏方に徹する必要があるのです。
 「我こそは坂本龍馬なり!」などと名乗りを上げている時点で龍馬失格です。
 それすらわからんとは…

 アホの集まりか?

FC2 Blog Ranking←一理あるな、と思ったらクリックしてね。
スポンサーサイト
 自民党と民主党、政権交代してずいぶん経つのに何がどう変わったのか最近またわからなくなってきました。
 国会では政治と金など、何だか既視感のある風景が続いていますし…
 そんな中、ちょっと面白いニュースを見つけました。
 ・政権交代で変身したハローワーク (ゲンダイネット)
 という記事です。
 この記事によるとハローワークの姿勢が「待ち」から「攻め」に転じたそうです。
 具体的には積極的に求人開拓をしたり、担当者と相談をしやすくしたりしているそうです。
 他にも採用してくれた企業に一定額を支給したりしているようです。
 おそらくこれらは自民党政権の時にも似たような事をやっていたのでしょうが、民主党の方がより積極的に行っているという事なのでしょう。
 実際新規の求人も2.3パーセント増えているそうです。

 地味な活動ですが、コレがもしかしたら自民党と民主党の大きな違いなのかもしれません。
 おそらく自民党ならば「雇用対策=景気対策=公共事業」という図式を思い描き、実際そのような政策を執ったのでしょう。
 それは例えるなら「乾いた大地に雨を降らせる」様な政策です。
 対する民主党のやっている今回の政策は「乾いた大地に井戸を掘る」様な政策なのではないでしょうか。
 どちらも「水を得る=雇用」という点では同じですが、方法論が全く違います。
 今まで自民党と民主党の違いがわかりにくいと言われてきました。
 マニフェストを見てもよくわからない。
 書いてあることも言っている事も同じではないのか、と。
 しかし、このハローワークに関して見れば、「雇用を増やす」という政策は同じでもその方法が全く違ったわけです。
 もしかしたら今回の政権交代の影響は、こういう末端の方がはっきりと違いが現れているのかもしれません。
 上の方、つまり国会の中では相変わらずいつもと変わらない状態ですが、ジワジワと末端の行政組織の態度が変わってきているのかも。
 こういう違い、かなり大きいのではないでしょうか。
 でも、マスコミの報道などを見ているだけではこの違いはわからない。
 また、ハローワークを使う人は国民全体から見ると決して多数派ではないので(大多数だったらむしろマズイですよね)その違いを感じる事が出来る人の数も少ない。
 もしかしたら他の分野でも同様の違いが出てきているのかもしれません。
 民主党が言う「国民の生活を守る」というのは当然「最も弱い立場の人」が優先されているはずです。
 ならばこの違いを実感できるのもまた「最も弱い立場の人」だけ、という事になるでしょう。
 「強者」とまでは言わなくても大多数の「普通に生きていけている人たち」からすれば、民主党になって何が変わったのか実感できない、という事は考えられます。
 が、現に今弱い立場にいる「求職者」から見れば、政権交代の成果はきっと実感できているのでしょう。

 最近民主党の支持率が下がっています。
 まぁ、状況だけ見れば当然だとも思います。
 正直、期待していたほど大きく変わったとも感じていません。
 ただ、それはおそらく私たち「普通の人たち」のレベルでは実感できていないだけで、「それよりも弱い立場の人たち」にはもしかしたら大きな変動が起きているのかもしれないわけです。
 民主党を支持するかしないかは個人の自由です。
 マニフェスト通り進んでいないとか、政治と金に決着がついていないとか、言いたい事は山ほどありますが、一方でハローワークのような末端で行政が変わり始めている、という情報も知っておいた方がいいのではないでしょうか。
 「小沢は辞めるべきだ」、そう言うのも良いでしょう。
 「鳩山総理税金払え」、コレも良いでしょう。
 「だから民主党は支持しません」、それでも良いでしょう。
 しかし同時に「ハローワークが変わった」という事も評価してあげないと不公平です。
 「ハローワークが変わった、それは評価しよう。だが、それでも民主党は認めん!」、それはそれでもちろんアリです(笑)
 ただ、わかりにくいと言われている両党の違いがこういう方法論という次元で出てきたというのは、今後の政権選択の際に一つの目安になるのではないでしょうか。
 先に述べた「雨か井戸か」のように、一つの政策や目標を達成するための手段が違う、というのは選択する際の基準としては十分に使えそうです。
 勘違いして欲しくないのは「だから井戸の方が優れている」というような単純な事ではない、という点です。
 いくら井戸を掘っても地下に水が溜まっていなければどうにもなりません。
 時には雨も必要でしょう。
 だからと言って雨ばかりでは地面がぬかるんでしまいます。
 今まで日本は雨ばかり降らしてきました。
 雨水だろうが井戸水だろうが水は水、というかなり大雑把なモノの考え方だったのでしょう。
 もしかしたら「井戸を掘る」という発想すらなかったかもしれません。
 しかし、今回の政権交代で「井戸を掘る」という選択肢が加わりました。
 これからは国民が今の大地の状態を見て「雨を降らせるべきか、井戸を掘るべきか」という二つの行動を選択できるようになったわけです。
 今後ももしかしたら選挙の度に「違いのわからないマニフェスト」が二つ並ぶ可能性は十分にあります。
 そんな時は「雨か井戸か、どちらが適しているのだろう?」という方法論の視点で見てはいかがでしょうか?
 どちらの党もマニフェストには「水をあげます」と書いているわけです。
 後はそれが「雨か井戸か」という違いだけです。
 「雨=公共事業=自民党」「井戸=草の根の助け合い(弱者救済)=民主党」というところでしょうか。
 森をイメージして見てください。
 雨が降って潤うのは巨木が優先です。
 大きな木の下で雨宿りが出来るように、雨では下まで届きません。
 下を潤わせるには井戸を掘って水を撒く方が有効でしょう。
 しかし、下の方に水を撒き草ばかり多い茂って巨木が枯れてしまうのも問題です。
 暴風雨などが来れば弱い木ばかりの森はあっという間に土砂崩れを起こし壊滅してしまいます。
 雨=公共事業、巨木=大企業、井戸=弱者救済、草=個人、です。
 どちらか一方が正しい、という単純なものではなくどちらかを交互に行う、というのがおそらく良いのでしょう。
 だからこその政権交代、なわけです。
 雨を5年降らせたら、井戸を5年掘ってみる。
 二大政党制とはそういうものなのではないでしょうか?
 そして政権を選ぶ側に必要なのはどちらか一方に固執するのではなく、「今どちらが必要か?」という洞察力と判断力です。
 一方、政党の側に必要なのは一つの党で「雨も井戸も」と考えるのではなく、それぞれが「雨の専門家」「井戸の専門家」になり、「より効率的な雨の降らせ方」や「より効率的な井戸の掘り方」を追求し、その技術を磨いていく事なのではないでしょうか?
 そうしていけば「わかりにくい」と言われる両党の主張の差もハッキリと違いがわかるようになるでしょう。
FC2 Blog Ranking←一理あるな、と思ったらクリックしてね。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。