一言談話室

使用方法は「一言談話室・使用方法」の記事を参照してください。 ここの少し下にある「カテゴリー」から探すのが簡単です。

カテゴリー


FC2ブログランキングに参加中です。


プロフィール

泡雲法師

Author:泡雲法師


募金


FC2投票


ブログ全記事表示


過去ログ


最近のコメント


最近の記事


最近のトラックバック


リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 色々失言の多い麻生総理ですが、これは最低でしょう、人として。

「麻生太郎首相が20日の経済財政諮問会議で、「たらたら飲んで、食べて、何もしない人(患者)の分の金(医療費)を何で私が払うんだ」と発言していたことが26日に公開された議事要旨で分かった。首相は19日の全国知事会議で「医師は社会的常識がかなり欠落している人が多い」と発言し、陳謝したばかり。病気になるのは本人の不摂生のためとも受け止められる発言で、波紋が広がりそうだ。」(共同通信)

 あのさぁ、患者にそれ言ったらオシマイだろ!
 良いか、良く聞け麻生太郎、さすがにこれには怒ったぞ!
 患者ってのは働きたくても働けないからそこで療養してるんだろ?
 これからまた再び社会復帰するためにそこで治療しているんだろ?
 それを何だお前は!
 何もしない人間は死ねってか?
 遊び歩いているような人間ならともかく、相手は患者だぞ患者!
 社会的弱者の最たるもんじゃないか!
 それを切り捨てるつもりかお前は!
 例えば、一生懸命働いていたトラックの運転手が事故に巻き込まれて大怪我をする事だってあるよなぁ。
 その人だって好きで怪我したわけじゃないだろ。
 一生懸命働いて日本経済を支えてくれているわけだ。
 それを「怪我したから放っておけ」か?
 お前それでも人間か?
 例えば、一生懸命働いているうちにガンになって働けなくなる人もいるようなぁ。
 そういう人も「ガンになったら放っておけ」か?
 働かざる物喰うべからずとは言うが、働きたくても働けない人間だって世の中にはたくさんいるんだぞ。
 そういう事を一切考えずに「何で私が払うんだ」って…
 お前、社会のルールを知らんのか?
 それが人の上に立つ者の発言か?
 それとも何か?
 この国は人間さえも使い捨てか、コラ!
 社会ってのは「助け合いの精神」で成り立ってるんだぞ。
 年金だって税金だって保険だって全部基本は「助け合い」なんだぞ。
 そんな事もわからないのか、このボンボンは!
 お前がそういう事を言うのならこっちだって言うぞ。
 「何で議会の最中に居眠りしているような連中を養うために税金を払わなくちゃいけないんだ!?」って。
 良いんだな、それ言って!?
 まともに政治を行わないアホどもに、人の上に立つ資格の無い人間に、何で税金から歳費を払わにゃならんのだ?
 今までの失言、実は全部お前自身に当てはまるんじゃないのか?
 社会的な常識が欠落しているのは医師ではなくお前だろ!
 たらたら飲んで、食べて、何もしないのもお前だろ!
 信用できないのは小沢じゃなくてお前だろ!
 政権担当能力が無いのは民主じゃなくてお前だろ!
 違うか?
 何でこんなヤツが総理大臣やってんだ?
 ここ数年の総理の中で一番酷いんじゃないのか?
 安倍総理や福田総理の方がまだマシだったぞ。
 総理として以前に人間として最悪だ、この男。
 弱者の痛みが分からぬ奴は社会に生きる資格が無い!
 砂漠の真ん中で一人で死んでくれ。
 もう知らん。
 一人の人間としてこの男、許せん。
FC2 Blog Ranking←天誅!!(ただいま激怒中)


 追記
 麻生総理、この発言に関して謝罪したそうです。
 同時に言葉が足りなかったとか真意は別にあるとか弁解しているようですが…
 私が問題だと思うのは、「総理大臣なのに社会の仕組みの基本を理解していない」という点です。
 社会福祉がなぜ行われているか、という基本理念を理解していれば、こういう発言は絶対に出てきません。
 彼の弁解を聞いても、やはり社会の仕組みを理解していないとしか思えない。
 健康に気を配っている人とそうでない人に差を付けろ、と言いたかったようですが、その発想がすでに間違い。
 どんなに健康に気を配っても病気になる人はいるし、逆に健康に無頓着なのに病気にならない人もいます。
 健康は努力すれば100パーセント保証される物ではありません。
 また、健康に気を使っている人に何か報いるべきだ、との発言もしていますが、これも間違い。
 そもそも健康に気を使っている人は「国家財政のために健康でいる」のではなく「自分が健康でいたいから健康に気を使っているだけ」です。
 健康に気を使っている人に何か報いるも何も、健康でいられる事自体が最大の報酬ではないでしょうか?
 健康であれば、自分の好きな事が出来るでしょう。
 食べたい物も食べられるし、飲みたい物も飲める。
 どこにでも行けるし、働く事ももちろん出来る。
 健康である事は人生をよりよく楽しむための必須条件であり、それに勝る報酬はありません。
 それとも麻生総理は「自分のためではなく国家財政のためだけに健康を保っている」のでしょうか?
 それならばホテルで「お酒を飲む」などという不摂生は行わないはずなのですが…
 やはり人として何もわかっていないのでは?
 どうやら彼には「人生経験」が足りないようです。
スポンサーサイト
 元次官連続殺傷事件は犯人の自首という形でとりあえず終息、でいいのでしょうか?
 個人的には「住所をどこで調べたのか?」という疑問から内部関係者だと思っていたのですが、どうやら外れたみたいです。
 報道によれば住所は国会図書館で古い職員録から調べたとの事。
 調べようと思えば調べる手段はあったのですね。
 それにしてもこの事件、犯人が捕まったのに違和感が拭い去れない事件です。
 当初こそ、「犬が保健所に殺されたから」などと動機を語っていたようですが、徐々に「高級官僚が悪いから」というような理由も出て来ているようです。
 その一方ではこの犯人に対して「統合失調症では?」という意見もあるようです。
 真相の解明はまだまだ時間がかかりそうな気配です。

 ところで、一連の報道の中で妙に気になった物があります。
 この犯人、最初は大臣を殺そうと考えていたらしいのですが、この国の実権を握っているのは官僚だから、官僚の方が悪いと考え、元次官を狙ったそうなのです。
 つまりこの犯人の中ではすでに政治家は権力者では無くなっていた、という事でしょう。
 実際にもこの国は以前から「官僚支配」と言われてきました。
 そういう意味ではこの犯人の考え方は理に適っているのでしょうが…

 殺人犯にまで無視される政治家って一体…

 官僚が実権を握っているのは事実でしょう。
 政治家はただの神輿なのかもしれません。
 …で、それでいいんですか?
 暴力を肯定するつもりはありませんが、政治家が暗殺の対象にすらならない国家って果たして幸福なのでしょうか?
 これってつまり政治家に対して「お前らは無能だから殺す価値も無い」と宣言したのと同義なのでは?
 暴力で社会を変えようとする考えは容認できませんが、犯人が捕まったからって喜んでる場合じゃないぞ、政治家たち。
 殺人犯に「無能」「殺す価値も無い」という烙印を押されたわけですから、ちょっと襟元正さないとマズイんじゃないでしょうか。
 無能過ぎて暗殺の対象にすらなれない大臣…
 これって相当恥ずかしい事なのでは?

 その恥ずかしい人たちですが、では現在何をしているかと言えば、補正予算案を提出しなかったり党内で足を引っ張ったり…
 最近では自民党内で麻生降ろしの動きも出て来始めているようですし。
 ちょっと待ってくださいよ。
 麻生内閣発足からまだ2ヶ月ぐらいですよね?
 ホンの2ヶ月前に「麻生なら大丈夫だ」と総裁選で圧勝させたのはどこのどちらさんでしたっけ?
 それをこんなにあっさりと掌返し。
 麻生総理に問題が無いとは思いませんが、それを承知で選んだわけでしょう自民党は。
 それなのにフォローもせず支えようともしない。
 麻生の出す政策が悪い、と批難する前に自分たちの党なんだから別のアイデアをそれとなく伝えるぐらいはできるでしょうに…
 自分達が「政治家としてやるべき事」をせずに騒いでいる自民党議員。
 暗殺するのもバカバカしくなるのは当然かもしれません。

 少々話が飛躍しますが、事故米問題での有識者会議で農水省の責任が検証され、その結果として「歴代農相と事務次官にも強く反省を求めたい」との報告書が出され、官僚の方は何がしかの処分が下されるようなのですが、農相の方は……多分反省なんかしていないでしょうね。
 こういうところを見ても、日本の政治家って何なんだろう?という素朴な疑問が涌いてきてしまいます。

 暴力は肯定出来ませんが、逆説的な意味で「殺すだけの価値のある政治家」はこの国にはいないのでしょうか?
 アメリカでは早くもオバマ次期大統領の暗殺が懸念され、一部では暗殺予告や暗殺計画もあるようですが、日本では…
 これは「日本が平和で安全だから」という理由ではないのではないでしょうか?
 何だか空しさを感じます。
 政権の末期というより「物語の中の幕末」に似ているような感じがするのは気のせいでしょうか?
 徳川幕府が内側から腐っていったように中央が腐り、幕府打倒を掲げた藩が出てきたように地方では人気のある政治家が知事として登場。
 そして暗殺事件の発生。
 大きな歴史の転換期の始まりとは、現在のこういう状況なのかもしれませんね。
FC2 Blog Ranking←一理あるな、と思ったらクリックしてね。

年金テロ?

 連日、元厚生次官連続殺傷事件が報道を賑わせています。
 被害者の方にはお悔やみを申し上げると同時に、事件の早期解決を願っているのですが。
 犯人像を色々な人が予想していますけど、冷静に考えると一番怪しいのは厚生労働省の内部の人ですよねぇ、普通。
 お二人が「年金」に関係していて、現在年金問題が取り沙汰されているので「年金テロ」という言葉が良く使われていますけど、普通にこの手の事件が起きた場合ならばこういう反応はしないはずです。
 まだ、同一犯かどうかもわかっていませんが、普段なら「同じ職場で働いていた人間二人が連続で狙われ、金銭目的ではない場合」真っ先に浮かぶのは「職場で恨みを持っていた人間の犯行」と考えるのが普通でしょう。
 しかも、次官なので名前は公表されていますが、住所までは知られていないはず。
 年金が理由だとするならば、その犯人の置かれた立場は情報において、私やこのブログを今読んでいるあなたと同じ条件のはずです。
 「年金行政許すまじ」と考えて、当時の次官を探し当てる事は過去の新聞を図書館で調べるなどすれば可能でしょう。
 でも住所はわからない。
 しかもすでに辞めてしまっている人です。
 引越しなどをしていたら調べようがない。
 厚労省に聞いたって、自宅住所は教えないでしょう。
 名前だけを頼りに、電話帳でも調べるんでしょうか?
 PCを使って全国の電話帳のデータと照合するような方法を取れば可能かもしれませんが、そこまでやりますかね?
 政治団体などが絡んでいるなら犯行声明を出すでしょうし。
 わけがわかりませんよね。
 とりあえず実行可能なのは「住所を知っている人間」なので内部の人間か、政治関係の活動をしていて情報を集めている人間、もしくはマスコミ。そしてそこから情報をもらった人間、という事になって行くのでしょう。
 年金がどうこう言う前に職場関係調べた方が早いんじゃないでしょうか?
 警察は当然そういう事をわかって捜査しているでしょうけど。
 連日の報道を見ているとマスコミや政府は「年金が原因であってほしい」と願っているのではないか、とおかしな錯覚を感じてしまいます。
 マスコミとしては年金が原因であった方が商売になりそうですし、政府も今までは年金問題の「加害者」のような扱いでしたがこの事件がキッカケで「被害者」の側になっていますし。
 勘繰り過ぎでしょうか?
 さらに妄想を膨らませば「政府が世論を逆転させるために暗殺した」なんて陰謀説も展開できます。
 あくまで個人的な妄想ですけど。
 犯人が捕まらない事には何もわからないので、こういう事は考えるだけ無駄なのかもしれません。

 ところで、少々気になったのがこの事件が発覚した直後の「エライ人たち」の反応の仕方。
 皆異口同音に「言論を暴力で抑えるような事は許されない」という発言をしました。
 この発言はもちろん「正しい」のですが、どうしても気になるのです。
 「では、暴力に訴える以外に道がない人間は一体どうすれば良いのか?」と。
 何度も言いますが、暴力はいけません。
 が、世の中には理不尽な目に遭っているのに一向に救済されない人たちがいます。
 そういう人たちは声を上げたりもするのですが、しかしその声が実際には届かない。
 届いても救済に繋がらない。
 そういう現実はどうすればいいんでしょう?
 あまり思い出したくもないし比較もしたくないのですが、秋葉原の連続殺傷事件でも、それまで派遣労働者の悲惨な待遇は報道などされてきました。
 デモ行進なども行われました。
 しかし一向に改善されず、ついに事件が起きました。
 皮肉な事に事件後急激に派遣労働に対する理解が深まり、派遣労働を見直そうという方向へ動き始めました(まだ解決していませんが…)
 本来ならば事件が起きる前に対応するべきだったのでしょう。
 そうすればあの事件は起きなかったかもしれない。
 でも起きてしまった。
 そして社会はようやく変わろうとし始めた。
 現代人は「自分の痛みには敏感なのに他人の痛みには恐ろしく鈍感」なようです。
 だから、血が流れないと事の重大さに気付かない。
 今回の事件の原因がもし「年金」だったとして、ではどうするのですか?
 ・警備を増やし、事件が起きないようにする。
 ・犯人は捕まえて法の裁きを下す。
 「正しい対応」だと思います。
 でもこの方法だとテロリストは生まれ続けます。
 イラクやアフガニスタンと似たような状況になります。
 テロリストは生まれた時からテロリスト、というわけではないんですよ?
 昨日まで普通に暮らしていた人たちが、理不尽な思いをしてそれを解決するためにテロリストへと変貌するんです。
 「テロリスト=悪者」ではなく「テロリスト=社会的な復讐者」と考えた方がいいのではないでしょうか。
 復讐者なのですから、復讐する動機がなければ生まれません。
 警備を増やしたり批判をするのは簡単です。
 が、それでは何も解決しない。
 もしあの時「テロは許さない」ではなく「テロをする前に俺に文句を言いに来い、どうにかしてやるから」と言える人間がいたならば状況はまた違う物になっているでしょう。
 「テロはいけないし暴力は許されない、しかしそうせざるを得ない状況に追い込んでしまった責任を感じる」という自省の声があっても良かったはずです。
 しかし、無い。
 声なき声に耳を傾け、事件になる前に芽を摘んでおく。
 そういう態度の人間が一人もいない。
 これは正常な社会なのか?
 例えば自殺。
 実際に人が死んで始めて周りの人間は気付くのです。
 「自殺するほど思いつめているとは思わなかった」と。
 いつだって取り返しの付かない事になって初めて気付く。
 それでいいのでしょうか?
 それしかないのでしょうか?
 暴力はいけない。
 しかし暴力に訴えるしか手段が無い人がいる。
 どうすればいいのでしょう?
 年金に限らず、行政の失敗によって理不尽な思いをしている人はたくさんいます。
 それなのに、加害者である行政側は基本的に責任を負いません。
 担当の役人は責任を取りませんし(これには正当な理由がありますが)役所全体としても責任は取らない。
 運良く裁判に持ち込み国の責任を認めさせたとしても、その判決が出るまでに長いなが~い年月がかかる。
 しかも責任を認めさせてもその賠償額は雀の涙ほど。
 被害回復には程遠く、基本的には泣き寝入り。
 仕方が無いことなのかもしれませんが、この仕方が無いことを「仕方が無い」で済ましてしまうのも問題なのではないでしょうか?
 謝れば済むという物でもないでしょうが、例えば年金問題にしても歴代の責任者(政治家官僚問わず)全員並べて土下座させて謝らせた上で、その人たちにも何らかのペナルティーを科す(退職金辞退など)というような方法を取れば、社会の雰囲気や状況は大きく変わると思います。
 その上でなら「仕方ない」でも納得できるでしょう。

 社会に理不尽を蔓延させ責任は取らず「暴力はダメ」
 でも救済も対応もしない。
 弱者は基本泣き寝入り。
 それで「マトモな社会です」?
 何か違うんじゃないですか、ソレ。

 理不尽を理不尽で押しつぶすのでもなく、理不尽を理不尽で跳ね返すのでもなく…
 「暴力はダメ」ならば「暴力以外の方法を提示するべき」なのではないだろうか?
 そういうものが無いからこそ暴力に訴えているのだろうし。
 否定をするのは簡単だが、それで何かが解決するのか?

 この事件で年金問題が一気に解決する事はないだろう。
 だが、もし年金問題が原因だとすれば、テロリスト予備軍は数え切れないほどいる事になる。
 それがどれほど恐ろしい事かわかっているのだろうか?
 そしてその「予備軍」を「本物」にしないための政策が求められているのではないだろうか?
 「テロは許さない」ではなく「テロが起きてしまった事をシグナルと受け取って、襟元を正す」必要があるのではないだろうか。

 それでも私はこう思う。
 この事件はテロではなく、関係者による怨恨殺人なのではないか、と。
 だが、この事件の真相とは別に、襟元を正す必要があるだろう。
 アメリカでは「テロとの戦い」から「対話」へと舵を切ろうとしている。
 日本でも「対話社会」を実現させる必要があるのではないだろうか。

 念のために。
 「対話」とは一方的な「通告」ではない、という事を記しておく。
 権力者は「通告」を持って「対話」とする、というケースが多いので。
FC2 Blog Ranking←一理あるな、と思ったらクリックしてね。
 マジメに考えるほどの問題でもないのでしょうが、ちょっと気になるので。
 麻生総理就任以降、彼が「お金持ち」である事が問題でもあるかのような論調が目立ちます。
 ホテルのバーで飲んでいるとか、カップ麺の値段を知らないとか、「ホッケの煮付け」があるとか無いとか…
 それってそんなに大事な事なんでしょうか?
 麻生総理もこういうネタが出るたびに「庶民派」をアピールしてみたりしているようなのですが…

 日本は民主主義国家です。
 そして多くの人は一般庶民
 政治家になって支持されるためには「庶民派」である事をアピールし、親近感を持ってもらうのは大切な事なのかもしれません。
 が、冷静に考えれば「庶民派」である事と「良い政治家」である事には何の因果関係もありません。
 それなのに、庶民と感覚がかけ離れている事が大きな問題であるかのような反応をする人たちが多い。
 カップ麺騒動の時には「400円ぐらい」という発言に対して民主党は「170円ぐらいです」と反論していたが、ではカップ麺の市場価格はいくらかと言えば、100円ショップでも売っている事があるので「105円」が最も適切な価格ではないでしょうか?
 スーパーや安売り店の特売セールなどを探せば100円以下という事もあるでしょう。
 …で、それが政治家としての能力と何か関係があるのでしょうか?
 多くの人は総理や政治家が「庶民派」である事で、一般庶民の生活がわかり、その結果弱者救済に繋がるような政治を期待しているのでしょうが、「金持ちだから弱者の気持ちがわからない」と断じてしまうのはちょっと思慮が足りないのではないでしょうか。
 庶民感覚が無いからといって政治家として無能であるとは限りません。
 浮世離れをしているがために危機感に欠け、その結果対応が遅れるのならば問題ですが、評判の悪い「定額給付金」の例を見てもわかるように、とりあえず対応を迅速に行おうという意思は見られます。
 問題の本質は彼の出した政策が「有効か否か」であって彼が「庶民か否か」ではないはずです。
 おかしな言い回しになってしまいますが、麻生総理だって「好き好んで金持ちの家に産まれてきたわけではない」でしょう。
 たまたまお金持ちの家に生まれた、それだけです。
 家柄が良いから大した苦労も無く、無能なのに総理大臣になれたのだ、と見ることも出来ますが、「家柄が良い事や苦労をしていない事」と「無能である事」にも因果関係はありません。(まぁ本来ならば上がってくるはずの無い無能な人間が上に行ってしまうという問題はあるでしょうが…)
 麻生総理を擁護するつもりは特にありませんが、無意味なネガティブキャンペーンや単なる嫉妬心からの批判は止めませんか?
 大切なのはどのような政策を出すのかであって、麻生総理の家柄や浮世離れした感覚ではないはずです。
 建設的でない誹謗中傷を行い、それによって余計な労力を使うのは誰にとってもプラスにはならないでしょう。

 さて、肝心の麻生総理の政策の方ですが…
 現時点では特に目立った功績は無いでしょう。
 世界的な経済状態の現状を考えれば、それも無理の無い事。
 「給付金」に関しては愚策だとは思いますが…

 「金持ちである」とか「庶民派である」というような印象の話ではなく、もっと現実的な事に労力を費やした方が良いのではないでしょうか。
 歴史上には、恵まれた環境に生まれていても弱者に優しい政治を行った人物はいますし、庶民出身でありながら悪政を行った人物もいます。
 もちろんそれらとは逆の人たちもいます。
 「善い政治を行う事」と「生まれや育ち」には、相関性は低いのです。
 それに「庶民派ではない」と批難している民主党にも「ボンボン」が…

 何度も繰り返しますが、大切なのは日本経済をどうやって回復させるか、生活に困っているような人たちをどうやって救済するか、であって「庶民派であるかないか」ではありません。
 「金持ちに俺たちの気持ちがわかってたまるか!」とヒガミ根性で文句を言っても仕方が無いでしょう。
 庶民の感覚がわからないのならば、教えてあげればそれで済むだけの話です。
 そのための議会でありマスコミでしょうに…
 批判をするなら「その政策は間違っている」という点に集中すべきです。
FC2 Blog Ranking←一理あるな、と思ったらクリックしてね。
 今現在の国民の一番の関心事、かどうかはわかりませんが、定額給付金に関する事をニュースも政治も毎日取り上げています。
 元々はリーマンショックで急激に冷え込んだ経済を少しでもどうにかしようという思いで始めたのであろうこの制度。
 最初は「全員」と言っていたのに、いつの間にやら所得制限を付けるべきだとか、逆に事務作業が大変だから全員にすべきだとか、国民の良心に任せるような方法にしようとか…まぁ色々と珍案奇案が出ています。
 一方の野党側は選挙対策だ、合法的な買収だ、などと語気を荒め、経済評論家は「この程度の給付金では貯蓄に回るだけで大して効果が見込めない」と言っています。
 他にも財源はどうするのか、究極のバラマキ、などなど悪評の方が多いような気すらします。
 給付方法も現金で配れだの、クーポン券にしようだの…
 話が出た当初は確定申告の際の基礎控除を増やせば良いという意見もありました。
 本当にこの給付金、やるのかどうかもまだちょっと分かりませんが、今回もまた視点を変えてみましょう。

 元々これは誰を救うための物なのでしょうか?
 普通に考えれば「お金が無くて困っている人を助けよう」という物なのでしょう。
 そして同時に一時的にでも消費を増やし、経済を活性化させようという目的もあるはずです。
 給付金の目的が、お金に余裕の無い低所得者層のための物なのですから、所得制限をしようという発想は間違ってはいないはず。
 事務量が増えるため早期に実施が出来なくなるから、所得確認はやめるべき、という意見ももっともです。
 救済は早いほうがいいですから。
 で、気になるのは「誰を救済するつもりなのか」です。
 ええ、分かってますよ「低所得者層」ですよね。
 ではその低所得者層とはどの層ですか?
 年収500万以下?200万以下?
 私が言っているのはそういう事ではありません。
 この給付金、本当に必要な人たちにちゃんと届くのか、という事です。
 本当に必要な人たちとは…
 例えば、ネットカフェ難民。
 例えば、体が不自由な独居老人。
 他にもありそうですが、この2例で考えてみましょうか。
 どちらもお金は足りなくて困っているでしょう。
 独居老人は場合によっては大丈夫なケースもありそうですが、収入が国民年金だけという人もたくさんいるはずです。
 まして体が不自由だったりしたらどうするのでしょう。
 体が不自由とは言っても寝たきりというような状態ではなく、日常生活は出来るが遠出が出来ないような人。
 80歳を超えたような人たちにはたくさんいますよね。
 足腰が弱って、近所のスーパーに行くのも大変、というような人。
 給付金がどこかの窓口に取りに来い、という形になってしまった場合、この人たちは貰えなくなってしまうでしょう。
 また、クーポン形式の物が送付されてきたとしても、行きつけのお店が対応していなかった場合はやはり無効になってしまいます。
 クーポン形式でお釣りが貰えないタイプだった場合、その金額を上回るような買い物をする事になるのでしょうが、例えば一人暮らしで、弁当を買って食べるような生活をしている人がいたらどうでしょう。
 クーポンの額面が1000円だったとして、普段食べる弁当が800円ぐらいだったとしたら…
 200円ほど損をしてしまいますよね。
 かといって、普通に色々な食材を買って帰るにしても、重たくて持てなかったりするかもしれないし。
 足腰の弱った独居老人が恩恵を受けようと思ったら、かなり大変…そんな制度では困ります。
 また長期入院や老人ホームに入っているような人たちはどうやって使うのか、という疑問もあるでしょう。
 その人たちだって、お金に余裕があるとは限りませんし。
 入院費や入所費用をそのクーポン券で賄えるのならばOKですが…
 老人達は住所があるだけまだマシです。
 最大の問題はネットカフェ難民やホームレス。
 ホームレスは別の政策で対応するとして、ネットカフェ難民です。
 住所が無い。
 これでは送付されないので受け取れません。
 どうしますか?
 窓口給付?
 窓口給付ならばネットカフェ難民でも受け取れますが、そうなると独居老人が受け取れません。
 もちろん逆もしかり。
 ネットカフェ難民は「低所得者層」にすら入れてもらえないのでしょうか。
 私が考える限りではネットカフェ難民も独居老人も「低所得者層」なのですが、どうやら救済対象ではない模様。
 政府の救済対象は「家に住んでいて、とりあえず生活が出来ている人たち」のようです。
 つまりお金に困っていると言っても「最近生活が厳しいよね」と言っていられるレベルの人たち。
 それ以下の「明日生きていられるかなぁ…」というレベルの人たちは救済対象外のようです。
 政府の考えるカテゴリーの中では「低所得者層」の他に「超低所得者層」というのがあるのでしょうか。
 今回はその内「低所得者層」だけを救って、それ以下は無視する、と。
 なるほど。
 冷静に考えれば「超低所得者層」は住居も不定ですし、足腰弱った独居老人は外出もままならない。
 どちらも選挙での得票には繋がりそうにありませんものね。
 やはり選挙対策か…

 さらに言うなら、元々はリーマンショックに対応するためのもの。
 そしてそのリーマンショックによってトヨタなど多くの大企業では大規模な派遣切りが行われています。
 派遣社員の中には契約が切られた瞬間に住居を失う人も多いのですが…
 リーマンショックのための救済策のはずなのに、リーマンショックで一番の大打撃を受けたであろう切られた派遣社員(ネットカフェ難民予備軍)は救済対象にはしない。
 誰を救おうとしているのでしょうか?
 低所得者層ではなく、とりあえず生活の出来ている人たちだけを救おうとしているんですよね。
 それ以下の人間は救済しないわけです。

 負け組は死ねって事!?

 これはつまり、現在それなりに生活が出来ている人たちに余分なお金を渡して無駄遣いしてもらって、間接的に企業にお金を回そうとしているだけですよね。
 さらに言えば選挙で票が欲しいと。
 弱者救済案としては不完全な方法なのではないでしょうか。
 誰彼かまわず全員を楽にするのが目的なら1週間消費税廃止とか、1週間ガソリン税廃止とかの方が満遍なく行き渡ると思うのですが。
 もしくは家賃助成とか。
 敷金礼金も対象に含めた定額家賃助成ならば、ネットカフェ難民対策にもなりそうですよね。
 一時的にでも消費を増やすための方法・直接的に家計を助ける方法という発想は悪くは無いと思いますが、今回の給付金のような思い付きとしか思えないような対策はちょっとお粗末なのではないでしょうか。
 この辺りの「金をバラマキさえすればどうにかなる」という浅ましい発想が、日本の政治の現在の品格なのでしょうか?
 まだまだ知恵は絞れそうですよ、政治家の皆さん。
FC2 Blog Ranking←一理あるな、と思ったらクリックしてね。

CHANGE

 アメリカの大統領選オバマさんで決まりました。
 まさか、アメリカの大統領に黒人が選ばれる日が来るとは思っていなかったので驚いています。
 彼が何度も使っていた「CHANGE」という言葉通り、アメリカも大きく変わったという事でしょうか。
 私は彼の演説をテレビで何度か目にしたのですが、実は結構あの演説が好きだったりします。
 「白人でも黒人でもなく、民主党でも共和党でもなく、一つのアメリカがあるだけだ」でしたっけ?
 対立する概念を並べていがみ合うのではなく、全員同じアメリカという一つの国に住む仲間じゃないか、というような趣旨でした。
 キング牧師とケネディ大統領を合わせた様なその考え方に魅かれています。
 やはり彼にはかなりのカリスマ性があるのでしょう。
 実現出来るかどうかはまだわかりませんが…
 アメリカの熱狂振りが小泉フィーバーに似ているような所も気になります。
 それにちょっと心配なのは、あの国ではまだ根強く差別意識が残っているようなので、途中で暗殺されるのではないかという危惧もあります。
 実際数ヶ月前にもオバマ暗殺を企てた人間が逮捕されています。
 歴代大統領の中でもっとも暗殺される危険性が高い大統領なのではないでしょうか。
 その辺りに不安を感じます。

 オバマさん個人に関してはこの辺にして、アメリカが政権交代をしました。
 アメリカは民主党政権です。
 この民主党政権、今までの傾向としては日本に対してちょっと厳しい状態になりそうです。
 オバマさんが明言しているように、イラクから米軍を撤退させようとするなど、世界的には平和な方向へ向かって行くでしょうし、そういう意味では良い政権なのですが、経済関係となるとまた微妙。
 アメリカの政権の傾向として、共和党がバカ騒ぎをして民主党が立て直す、というサイクルがあるようです。
 民主党が政権を握ると、まずアメリカ国内の経済を安定させる事を考えるようです。
 そのために内需の拡大や産業の保護なども行うでしょう。
 わかりやすく言えばアメリカ企業のアメリカ国内でのシェアを高めようとするはずです。
 つまり日本を含む外国製品に取っては不利な状況になりやすい。
 関税など輸入に関して何か制限を設けてくるかもしれないし、為替もドル安に誘導して行く可能性がありそうです。
 日本の経済界からすれば相手の財布の紐が固くなるわけで、喜んでばかりもいられません。
 大統領選後、株価は値上がりしたようですが、長期的に見れば日本国内の景気回復にアメリカの需要が期待できなくなるわけで、日本の不況は深刻化していきそうです。
 今のようなアメリカでの需要で日本の経済を潤すという方針では、日本経済が回復するのはアメリカ経済が立ち直ってからという事になり、数年先になってしまう。
 また、アメリカ軍が世界中から兵を引き上げるということは、戦争という「最も消費をする行為」が減っていくわけですから、軍事景気も期待できない。
 マケインさんの方が良かったとは思いませんが、オバマさんなら日本に有利というわけでもない。
 日本経済の舵取り、さらに難しくなりそうです。

 そういう事を知ってか知らずか、日本の政界は「消費税・解散・バラマキなど」で思考停止中。
 麻生さんは以前「この経済危機の最中、日本とアメリカの両方が選挙モードというのはマズイ」と言って解散を先延ばしにしたわけですが、その言い訳はもう使えません。
 もちろん、経済の混乱はいまだ続行中なので、現時点で解散して政治の空白を作る事が正しいかどうかはわかりませんが…
 このままズルズルと任期満了という事もあるかもしれません。
 一番嫌なのは、任期満了になれば必ず選挙をしなければならず、必然的に政治的な空白が生まれる。
 その瞬間に、現在のような経済の混乱が起きて選挙と重なるとどうにもならなくなるという事。
 経済情勢がいつ混乱するかわからない以上、少しでも安定してきたら即解散をして、政治的空白を避ける必要があるでしょう。
 例え政権を譲ってでも、国家の混乱は避けるべきです。
 が、おそらく自民党は当面は解散が出来ないのではないでしょうか。
 麻生さん個人はどう考えているかわかりませんが、自民党の中にいる「選挙にしか感心が無い人たち」はオバマとオザワの語感が似ているとか、党名が同じ「民主党」だからとか、「政権交代」という言葉が気になるとか、日本人が安易なイメージだけで政権を選択するかのように考えているようです。
 今解散すると「イメージが悪い」から解散するな、とかそんな感じのようです。
 とすると、大統領選の余韻が収まる1ヶ月後ぐらいから来年の前半のどこかで解散、という事になるのでしょうか?
 いい加減、イメージとか選挙戦略とかだけで選挙をするのを止めて欲しいのですが。
 オバマさんみたいに、良い演説を聞かせてくれる人はいないのでしょうか?
 仮に日本が政権交代をしても、トップの顔が小沢さん…
 オバマさんのような新鮮味も勢いも革新性も感じません。
 日本の本当の意味での「CHANGE」はまだ当分先でしょうか。
 別の見方をすると、日本にはまだオバマさんのような人物を発掘し支えていくシステムが存在していないのかもしれませんね。
 選んでいる国民の側にも問題はあるのでしょう。
FC2 Blog Ranking←一理あるな、と思ったらクリックしてね。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。