一言談話室

使用方法は「一言談話室・使用方法」の記事を参照してください。 ここの少し下にある「カテゴリー」から探すのが簡単です。

カテゴリー


FC2ブログランキングに参加中です。


プロフィール

泡雲法師

Author:泡雲法師


募金


FC2投票


ブログ全記事表示


過去ログ


最近のコメント


最近の記事


最近のトラックバック


リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ヤンキー先生こと義家弘介さんが参議院選に立候補するらしいです。
http://news.www.infoseek.co.jp/search/story/25mainichiF0626m013/%25CE%25A9%25B8%25F5%25CA%25E4/
 それはいいんですが、大丈夫でしょうか?
 現場や現実をよく知っている人間が議員になるのは良い事です。その意味では歓迎しますが、公認を出した自民党の体質が気になります。
 教育再生会議で縁ができたので立候補してもらったのでしょうが、他のタレント議員同様、知名度を利用されるだけで終わってしまうのではないでしょうか。
 彼が民間にいれば何人かの人は確実に助かるでしょう。詳しくは知りませんが、ラジオなどの活躍で彼に励まされた人はたくさんいるでしょう。
 議員になったら、それらはできなくなってしまうのではないでしょうか。
 それらの活動以上の社会的効果が、議員になってできるのでしょうか。
 自民党も彼のような人を立候補させるなら、「当選したら無条件で文部科学大臣に任命し、教育に関して全権を委任し彼の好きなようにしてもらう」くらいのことはやって欲しいところです。
 今の国会は、彼のような人の実力が十分に発揮できるようなシステムになっていません。これではただの宝の持ち腐れです。
 今の国会には彼のような人はもったいないです。
 あの状況では、彼が力を尽くすだけの価値がありません。
 社会全体の損失です。彼にはぜひ今まで通り民間で力を振るっていてもらいたいです。
 あんな人材墓場のような国会に行ってはいけません。
 国会人材がいないからといって民間から連れて行くのはやめてください。
 民間だって人材は必要なんです。
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
 ちょっと大げさなタイトルを付けてしまいましたが、何だか気になるんです、言葉の影響が。
 最近の社会問題で言えば「消えた年金」です。
 「消えた」って何でしょう?
 まるで自然消滅したかのような言い方ではありませんか?
 正確には「消された」あるいは「消した」でしょう。
 故意であろうとなかろうと、人為的に行われたのですから。
 もし「消された年金」という表現をすれば、国民の怒りはさらに燃え上がります。それを恐れたのでしょうか。
 「消した年金」と言えば、自分達の責任を全面的に認めることになります。それはイヤなんでしょう。
 その結果「消えた年金」…何だか他人事のようではありませんか?
 なんとなく言葉の響きが無責任です。

 「温暖化」もあります。
 言うまでもなく「地球温暖化現象」のことです。
 ある落語家さんが「温暖化や異常気象という言葉には緊迫感が無い」というようなことを言っておられました。
 全く同意見です。
 「温暖化」…なんとなく暖かくなるのならいいじゃないか、と言う雰囲気さえあります。実際は人類滅亡の危機なんですけど。
 一般に「温暖」という言葉には好意的な印象があるように思います。
 「温暖な気候」といえば「暮らしやすく快適な」というイメージを持たれる方も多いのではないでしょうか。
 かつて「環境ホルモン」という言葉が実体を正確に表していない、と問題になった事があります。それでも「環境ホルモン」という言葉の持つイメージが、社会の関心を集めるのに一役買ったことには間違いないでしょう。
 それとちょうど逆の作用が「温暖化」という言葉に働いてしまっている気がします。
 「温暖化」という言葉を少し言い換えてみましょう。

 「砂漠化」…そのままですが、かなり深刻な印象です。ただ実体を正確に表しているかは疑問です。海が干上がるわけではありませんから。

 「酷暑化」…これもそのまんまですが、深刻さはあります。でも何だかガマンすれば耐えられそうな響きです。

 地球温暖化で起こる事態は色々あります。一言で言うのは難しいかも。
 こんなのはどうでしょう。
 「気象破壊」もしくは「気候破壊」深刻さ、正確さ共にあるのではないでしょうか。
 ただ「破壊」という言葉が「環境破壊」と被っているので、印象が薄くなる恐れも…

 結構難しいものですね、言葉を正確に使うのは。
 しかし、言葉の影響力は侮れません。優秀なコピーライターに何か考えて欲しいです。
 「温暖化」に代わる言葉で聞いた人全員が緊迫感を持てる様な言葉を。
 直接的な対策にはなりませんが、多くの人の協力が必要な現在、無視しては通れない課題といえるのではないでしょうか。
FC2 Blog Ranking
 参議院の選挙が来月末に決まったようだが、有権者の怒りはそれまで続くだろうか?
 今、選挙をすれば確実に自民は敗退すると思う。
 しかし、のどもと過ぎれば熱さ忘れるで多くの人は一ヶ月もすると怒りが収まってしまう。
 納得はしていないけれど、なんとなく疲れてきて諦めムードになってしまうのだ。
 もうすでに某大臣が自殺したきっかけとなった疑惑に関しては、怒りが収まり始めている。「産む機械」という発言などとうの昔になかったことになっている。無論当事者は忘れはしないが、大衆は忘れているのだ。
 日本人のこの怒りの持続力のなさは、いい方向に働く事もあるが、こと選挙や政治に関してはマイナスである。
 問題が解決しないうちにウヤムヤになってしまうのである。
 その結果、全てがその場しのぎの場当たり的な対応になり、知識や経験が蓄積されない。個人レベルではきちんとしているが、集団レベルでは全くダメだ。
 ゆえに公憤という考え方が弱く、社会運動も続かない。
 問題はいつまでも解決せずに、悪い状態は常に放置され続け、国民に不利益をもたらし続ける。
 どうしたもんだろう?民族性って言葉で片付けていいものだろうか。
 かつていくつかのデモや社会運動に参加した人たちも、しばらくしたら普通の温厚な人間に戻っていた。ずっと過激な活動をしている人間など1パーセントもいないのだ。
 海外では何十年どころか何百年、何千年前の恨みや怒りをずっと忘れない人たちがいるのに、なぜ日本人はこうも忘れっぽいのだろう。
 いつまでも根に持っていないで、水に流す事が美徳とされているからだろうか?
 それとも単に飽きっぽいだけか、はたまた諦めるのが早いのか…
 何にしても物事を最後まで見届けることは大事な事だ。
 特に政治システムなどはキチンと執念深いぐらいに考えていかないと、一向によくはならない。議論や理論は積み重ね、修正を加え続けなければ本当にいいものはできないのだ。
 毎回毎回ゼロから議論をし、時間切れでゼロに戻すという方法ではマトモな物ができるわけがない。
 出来上がるのはインスタントラーメンのごとき間に合わせの法律だけ。そんなものばかりで社会がよりよく機能するわけがない。

 全ては一人一人の自覚から始まる。
 有権者は生きているだけで賢明な有権者になるわけではない。
 権力は腐敗しやすいという。この国の主権者は国民である。とすれば国民は腐敗しやすい、という論法も成り立つ。
 腐敗せぬよう常に自分をチェックし、清廉潔白で賢明な有権者であり続けようと努力せねばならない。
 自らの意思と思考をもって判断し自分を律しなければ、大衆はただの暴徒であり主権者という視点で言えば暴君である。
 政治が正常に機能しないのは暴君がいるからであり、その暴君は我々自身である。我々は自分の首を一生懸命絞めているようなものだ。
 いい加減自覚しよう。己の未熟さ、愚かさを。
 その上で名君となり、もっともいい方法を選択しよう。
 他でもない我々自身のために。
FC2 Blog Ranking
 こんなニュースがありました。
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/business/hybrid_vehicle/story/20070617jcast200728456/
 ハイブリッドカーはエンジン音がしないため、すぐ後ろに迫ってきても気がつかない。だから歩行者にとって危険だという。
 で、いろんな人が、ああでもない、こうでもない、と悩んでいるらしい。
 そんなの車のドアミラーのところに、鈴でもぶら下げとけばいい話じゃないのか?
 車が動けば鈴が鳴る、風流でいいと思うが…
 鈴の音だったら「うるさい」というクレームも出にくいだろうし。
FC2 Blog Ranking
 連日マスコミは年金問題を追っかけている。
 しかし一部地域では水不足が深刻になりつつある。
 でも、あまり報道しない。
 年金問題で報道時間が少ないのはわかる。
 だが、節水にご協力を、というメッセージをそろそろ増やすべきなんじゃないのか?
 何か大きなことがあると報道が偏る。
 テレビ局はちょっと他社と協力して、横並びの報道をやめたらどうだ?
 報道すべき問題は山ほどあるのだから。
 もしくは一部の番組でやっているように、画面を数分割し、同時に複数のニュースを流すとか。
 経済系の番組でよくあるでしょう。画面の一部でアナウンサーがニュースを読み、そのほかのスペースで株価や天気予報や別のニュースを文字で流している番組が。
 そういう風に多くの番組を変えたらどうだろうか。
 今の時代、一度に多くのニュースを知るのは当たり前になりつつある。報道は少しでも多くの情報を、手早く伝えるのもサービスだと思う。
 そうしなければネットに負けるぞ。
FC2 Blog Ranking
 どうすんだよコレ。
http://news.www.infoseek.co.jp/search/story/20070607jcast200728233/%25C7%25AF%25B6%25E2%25A1%25A1%25A5%25CD%25A5%25B3%25A5%25D0%25A5%25D0/
 年金のネコババ!
 ちゃんと刑事事件として立件して欲しい。



http://news.www.infoseek.co.jp/search/story/15mainichiF20070615p1500m010163/%25C7%25AF%25B6%25E2/
 何だよこれは!
 また天下りか!?
 年金でいい加減な仕事して問題起こして、その解決に税金使ってるだけでも許せないのに、その先が天下りって馬鹿にしてんのかっ!!!!
 最初に年金で予算計上とか言い出したときに怪しいと思ったんだよ。
 絶対誰かがどこかでこの問題を食い物にして一儲けしようとするだろうって。やっぱりか。
 いい加減にしろよ、タダでやれタダで。
 税金を食い物にするのもいい加減にしろ。
 シロアリかお前らは!!!!
 それでも人間だというのなら誠意を持って対応し、自らの行いをで人間であることを証明してくれ。
FC2 Blog Ranking
 年金どうなるのだろうか。
 もう完全に信用はなくなってしまっている。この有様では未払いの人に「払ってください」などと言える状態ではない。真面目に払っても受け取れないのなら、いったい誰が加入しようとするだろうか。
 さらに嫌なのはこの問題と選挙対策がごちゃまぜになっていること。
 確かに選挙の重要な争点にはなるだろう。しかし現実には生活に支障が出る人だっているわけで、選挙や議席よりもまず国民の生活を守ることを最優先にすべきだ。
 そういった国民の側に立った視点が完全に欠落している。
 もちろん与野党それぞれにがんばっているつもりなのだろうが、どうしても選挙対策のパフォーマンスに見えてしまう。
 今するべきなのは責任追及でもなく選挙対策や相手を論破することでもなく、どうすれば年金生活をする人たちに普通の生活を提供できるかを考えて実行することだろう。
 年金の制度を変えるとか、もっと根本的な話をするべきではないのか?
 そもそも年金の仕組み自体が「ねずみ講」に非常に似通っているのだ。
 常に子供がたくさん生まれ、経済は成長をし続け、人口は増え続ける。こんな前提の下に成り立っていたわけだが、その前提はもうずっと前に崩れてしまっている。
 人間という生き物は、ある日突然数が増えるものではない。
生まれて育つには膨大な時間が必要なのだ。
 今の20歳の人口が何人なのかは20年前にはわかっていたはずだ。
 当然である。生まれていない人が突然大人として存在するわけは無いのだから。
 つまり、人口がどう推移するかは数十年単位で予測ができるはずである。
 なのに何の対応もしてこなかった。
 彼らはある日突然、大人の人口が2倍に増えるとでも思っていたのだろうか。まるでバクテリアか何かのように人間を二つに切って培養すれば一人の大人が二人に増えるというような。
 まともな人間ならそんなことが起こらないのは、言うまでもなくわかっているはずである。しかしこの無策ぶりはまるで科学が発展してそのようなことが起きると信じていたかのようである。
 すでにシステムが破綻している。
 いっそ年金などやめてしまったらいいのではないだろうか。
 まず議員年金と公務員の年金を国民年金と一本化して、今あるお金をすべて国民に還元してしまうとか。
 とりあえず払った分だけは返してもらう。すでに受給が始まっていて、払った以上に受け取ってしまっている人は運が良かったということで不問。
 議員さんと公務員さんは無策の連帯責任ということで無し。
 年金が止まって生活ができない人は、生活保護のようなものを新たに作ってそちらで対処。
 そうでもしないと収まらないような気がする。

 まだ気になることがある。
 年金の不始末は社保庁の怠慢によるものである。
 彼らは長年税金で給料をもらっていい加減な仕事をしていたわけである。
 その結果このような事態になったのにその対策のために予算を計上して、つまり税金を使って対処しようというのはどういうこと?
 税金使ってめちゃくちゃにしてその対策に税金を使う。
 マッチポンプというのでは?
 もし消防官が自分で放火をして、その火を自分で消していたら絶対許されないだろう。
 それと似たようなことがなぜ堂々と行われているのだろう。
 新たに予算を計上するのではなく、今ある予算の中から色々とやりくりをして対策費を捻出するのがスジではないのか?
 そのために給料が一部カットされようが文句は言えないはずだ。
 しかし、そういった声は聞こえない。
 反省の気配、無し?

 ここへきて憲法改正したいと言う。
 世の中では憲法改正というとすぐに第9条を問題にするが、本当に変えたいのは第25条ではないだろうか。

 憲法についてはこちら。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S21/S21KE000.html

 これさえ変えてしまえば、政府は国民に対して一切の責任を負わなくて済む。
 病院がなかろうが、介護難民が出ようが、ワーキングプアが問題になろうが、年金が出なかろうが、一切関係なし。
 権力者にとってこれほど魅力的なことはない。
 憲法改正問題はすぐに第9条ばかりを問題視して思考停止に陥る。
 もし第9条に注意を向けさせ、その間に他の憲法を都合のいいように変えられたらどうするつもりなのだろう。
 例えば与党が「第9条は変えません。だから安心してください」とか言ったら、本当に安心して他の大事な条文を変えてしまいそうである。
 他の条文も第9条と同じか、それ以上に重要なのである。
 第25条を変えれば国家は国民を見殺しにできるのである。
 他の条文でも同様かそれ以上に悲惨なことがおきる。
 にもかかわらず第9条で思考停止。議論が全く深まらない。
 それでいいのか?
 良いわけがない。
 最悪だ。
 無力かもしれないが一応宣言。

憲法改正反対!第25条絶対堅守!!


 おそらく効果はないだろうが、何もしないよりは良いだろう。

FC2 Blog Ranking
 もうダメだろ、TBS
http://news.www.infoseek.co.jp/society/story/20070607jcast200728252/
 競技者に盗聴依頼するようでは、報道局と名乗る資格がない。その上ヘリまで飛ばして…
 ゴルフ協会かゴルフ連盟かは知らないが、ゴルフの競技団体は抗議するだけでなく今後一切TBSにゴルフの映像を使わせないとか、そういう強いペナルティを与えた方がいいのではないだろうか。
 迷惑をかけたのに、「謝れば済む」というような風潮がまかり通るようでは困る。
 相当強烈な罰を与えないとあの局は反省しないのではないだろうか。
こんな事もあったし。
http://news.www.infoseek.co.jp/society/story/09mainichiF20070609p1500m040092/
 きっと反省などしないのだろうな。いっそ楽天に買収された方がいいのかも知れない。少なくとも社内の空気は変わるだろう。それでよくなる保証は無いが…
FC2 Blog Ranking
 大臣自殺後、有名歌手の訃報、女優と芸人の結婚、カリスマ主婦の離婚、年金問題と立て続けに起きたせいで過去の事件が早くも風化しています。
 大臣がらみの疑惑はすでに幕を引こうとしているし、残酷な殺人事件も起きたのですが忘れ去られようとしています。
 報道時間や紙面に物理的な制約があるのはわかりますが、大きな出来事があったからといって他の事件を扱わないという姿勢はどうにかならないものでしょうか。
 マスコミだって営利企業ですから、収入に結びつかない報道を減らしてしまうのは仕方ないのかもしれませんが、それでは公共性とは何なのでしょう?
 それとも、目先の新しい事にすぐに飛びつく消費者がいけないのでしょうか。
 とすると、マスコミがおかしいのは見ている人がおかしいからということに…
 バカばっかり?
 そんなことはないと思うのだが…
 最近、全体での視聴率というのはどうなんでしょう?
 ドラマやバラエティーという枠組みとは関係なく、総合的に落ちている、というような話を聞いたような気がします。いわゆるテレビ離れ。
 インターネットの普及でテレビを見る人が減った、といわれていますが実際はどうなんでしょう。テレビに見る価値が無くなったから、見ないだけかもしれません。
 視聴率の全体的な低下は、国民が賢いことの証明なのかもしれません。
FC2 Blog Ranking

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。