一言談話室

使用方法は「一言談話室・使用方法」の記事を参照してください。 ここの少し下にある「カテゴリー」から探すのが簡単です。

カテゴリー


FC2ブログランキングに参加中です。


プロフィール

泡雲法師

Author:泡雲法師


募金


FC2投票


ブログ全記事表示


過去ログ


最近のコメント


最近の記事


最近のトラックバック


リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 物の値段は需要と供給のバランスで決まる。
 皆が欲しいと思う物は値段が上がるし、そうでない物は下がる。
 また、数が限られているとその値段の上がり方は極端になる。
 欲しいと思っても数が限られていれば買うことが出来ない人が出てくるので、その物の値段はどんどん上がってわけです。
 オークションなどが良い例ですね。
 一つしかない物を何人かの人が欲しいと感じたら、「相手よりも高い金額で買うから売ってくれ」となるわけです。
 そういった限定品だけではありません。
 一般的な物でも同様の事は起きています。
 例えば天候不順で不作な年の野菜など。
 キャベツや白菜などが急激に高騰する事がたまにありますよね。
 その差は安い時と比べると5倍ぐらいでしょうか。
 逆に要らない物は値が下がります。
 バーゲンセールや在庫一掃セールなどがすぐに思い浮かぶと思います。

 需要が先か供給が先か、という事を考えている人たちがいます。
 国の政策などは「供給すれば需要が生まれる」という理屈で成り立ってしまっているようですね。
 だから新幹線や高速道路がどんどん作られる。
 それらがあれば、つまり供給さえすればその地域は発展する(需要が生まれる)と思い込んでいます。
 例外はあるのかもしれませんが、基本的には需要が先です。
 供給さえすれば需要が生まれる、というのなら「生ゴミに値札を付ければ売れる」はずですから。
 実際はそんな事はありませんよね。
 誰が見ても要らない物を供給したって需要は生まれません。

 さて、需要があれば物の値段はどこまでも吊り上って行くのでしょうか。
 歴史上何度か「バブル」という現象が起きました。
 古くはオランダのチューリップバブル。
 1600年代に起きたようですが、チューリップの球根一つで家が買える程の値段になってしまったとか。
 その後バブルがはじけてオランダの経済は大混乱したようです。
 日本でもバブル経済がありましたね。
 そもそもなぜこういう現象が起きるのでしょうか。
 大雑把にですが、日本を例に考えてみましょう。
 日本の場合株と不動産が中心でした。
 中には絵画などの投機もありましたが、範囲を広げるとややこしくなるので省略します。
 今回は不動産を中心に考えましょう。
 まず、不動産つまり土地は限られています。
 都市部の一等地は限られたスペースしかありません。
 供給は限られています。
 人は誰しも通勤時間は短い方が良い、と考えるでしょう。
 出来れば職場と住居は近い方が良いわけです。
 また、都市部は繁華街もあり、何かと便利です。
 多くの人は都市部に近い所に住みたいと感じています。
 これは需要ですね。
 当然土地の供給量は限られていて都市部に住める人数には限界があります。
 でも住みたい人はたくさんいる。
 需要と供給のバランスで言えば需要過多で、価格は上がります。
 これだけならまだいいのですが、世の中にはとにかくお金が欲しい人たちがいます。
 そういう人たちはこう思います。
 「需要がたくさんあるって事は、値段がどんどん上がっていくって事だ。今日よりも明日、明日よりも明後日の方が値段が上がるのなら、早い内に買っておいて値段が上がってから売ればボロ儲けができる」と。
 そして上がるのがわかっているのだから、多少高くてもより早く買っておきたいわけです。
 仮に今日100万円だとします。来年には200万円になりそうです。
 だったら今日150万円で買ったとしても来年200万で売れば儲かるわけです。
 100万円で売ってくれと頼んでダメならさらに高い150万で売ってくれと交渉してもいいし、値段がどんどん上がるならそれ以上払っても利益は出るでしょう。
 同じように考える人がたくさんいれば、そのライバルたちよりも高く買おうとするので、値段はさらに上がります。
 普通なら、人間は手持ちのお金以上の買い物はできません。
 手持ちのお金が足りないなら誰かから借りるしかないでしょう。
 でも普通ならそんな大金を貸したりはしません。
 貸せるのは返す当てがある場合だけです。
 ここで問題なのは、誰もが値段は上がり続けると信じている点です。
 貸す側もそれを信じているんですね。
 だから借りる人が「100万貸してくれ、あれが高く売れたらそこから返すから」と言った場合、それは「返す当てがある」事になってしまいます。
 貸す側も「貸した額より多く返ってくるのならOK」となります。
 その結果手持ちの資金は事実上無尽蔵のような状態になり、しかもライバル全員がそんな状態なので値段は天井知らずで上がっていってしまいます。
 そして無事誰かがそれを買うと、今度はその人に対して「売ってくれ」と交渉するわけです。
 延々とこれの繰り返しです。
 その結果、借りる金額はドンドン増えていってしまいます。
 最初は100万のはずだったのが1000万とか1億とかになってきます。
 でも、頭の中の計算の上では常にそれ以上の利益が出ている事になっています。
 例え1億借りていても、手持ちの物を全て売れば2億になる。
 差し引き1億円の儲けだ、と考えています。
 ところがある日、突然値段が上がらなくなるんですね。
 値段が上がらないのではなく、正確には「買う人がいなくなる」わけです。
 需要がなくなるんですね。
 「今その値段で買っても、もっと高く買ってくれる人がいるのかなぁ?」と多くの人が気が付き始めます。
 「もう少し安かったら買おうかなぁ」と考える人もいるでしょう。
 そういう考えが多勢を占め始めると物の値段は一気に下がり始めます。
 一度下がり始めると今度は借金を確実に返せるようにと、早めに手持ちの物を売ってしまおうという人たちも出てきます。
 先ほど値が吊り上ったのとはちょうど逆の現象ですね。
 安くてもいいからとにかく買ってくれ、となるわけです。
 2億円以上で売るつもりだったものが1億5000万でも1億でもいいから買ってくれ、となるわけです。
 借りたお金は返さなければなりません。
 利益が出なくても、せめて借金が無くなればそれでOKという状態になります。
 それでも全員が返せるわけではないので、多くの人が破産してしまいます。
 お金を貸した人には貸しただけの金額が返ってきません。
 これが不良債権ですね。
 どんなに「返せ返せ」と叫んでも、無い物は返せません。
 元々、買おうとしていたものにそれだけの値打ちがあったわけではないのです。
 誰かが欲しいと思ったから、相手に負けまいとして背伸びをしていただけなのですから。

 そして手持ちのお金は無くなり、社会全体には借金が蔓延しています。
 経済は大混乱です。
 かなり大雑把ですが、バブルとはこういう感じで成立します。

 ではお金を貸した人は誰で、借りた人は誰でしょう。
 ここからちょっとややこしくなるのですが、まず貸した人は銀行です。
 借りた人は不動産会社などでしょうか。
 ただ、一方で普通の人もマイホームを買うために銀行からローンでお金を借りたりしています。
 お金を貸している銀行はそもそもどこからお金を入手しているかというと、これまた普通の人たちの預金だったりします。
 普通の人たちは銀行にお金を預けると同時に借りてもいるんですね。
 銀行は、普通の人から預かっている額しか貸し出せないと思いきや、これがちょっと違うようです。
 銀行は一定額を証拠金として日銀に納めれば、その証拠金の100倍ぐらいのお金を貸し出してもいい事になっているようです。
 そのためその気になれば手元に預かった100万円があると、それを全額証拠金に回すことによりその100倍である1億円まで他人に貸し出すことが出来るそうです。
 このシステムは効率よく社会を発展させるためには有効なはずですが、バブルの発生にも一役買ってしまうわけです。

 日本のバブルの場合、住宅としての需要がまずありました。
 そして値段がドンドン上がっていってしまうので少しでも早く買った方が有利、という状態になりその焦りのために冷静な判断力を失った可能性があります。
 また早めに買って値上がりした時に売ればその利益を元にさらに高い家を買う事が出来る、という考え方も広まりました。
 そして、乗り遅れた人たちはドンドン値上がりしてしまうので「最初の一軒」が買えません。
 値段がドンドン上がれば、その地域の家賃も上がります。
 家賃が上がればそこで商売している人は上がった家賃分の費用を商品に上乗せする事になります。
 こうやって物価まで上がっていってしまいます。
 都市部に住めない人たちは、せめて少しでも都市部に近い所に住もうとちょっと離れた郊外に住む事を考えます。
 もちろん多くの人が。
 その結果郊外でも同様に値段が上がっていってしまうわけです。
 家の値段は上がる、物価も上がる。
 でも同様のスピードで給料が上がるわけではない。
 給料に反映されるには少し時間差がありますから。

 日本のバブルの崩壊のきっかけは、この状況を「さすがにマズイ」と感じた政府が土地を買うためにあんまりお金を貸すな、という指示を出したのが原因と言われています。
 バブルの成長自体が借金が借金を広げていく構造であり、全て頭の中の計算だけで成り立つ実体の伴わないものだったので、放って置いてもいずれは崩壊したはずですが、このバブル崩壊は政府が「国民のために」意図的に破壊したものです。
 その結果、今でも続く未曾有の大不況。
 どうせ潰すのなら被害がここまで広がる前にもっと早く潰せば良いと思うのですが…
 もちろんこれは「冷静になった今」だから言える事で当時の浮かれきった社会ではそんな事は考える事さえできなかったでしょうが。
 それでも政治家や官僚が冷静さを持っていたらと思うと、悔いが残ります。

 当時は金権政治が問題視されていました。
 穿った見方ですが、アレだけの浮かれ騒ぎなのですから政治家や官僚は相当に政治献金などで「いい思い」をしたはずです。
 本来ならば早めに異常に気付いて対処すべきだったのに、自分たちが「もうちょっといい思いをしてから」という欲が出たので放置し、たっぷりと楽しんでから「じゃあそろそろ仕事をするか」とバブルを崩壊させたのではないでしょうか?
 さすがにそれだけの知性が当時の政治家や官僚にあったかどうかはわかりませんが、結果だけ見ればそういうような状況になっています。
 いまさらですが、どうにも納得できません。
FC2 Blog Ranking←一理あるな、と思ったらクリックしてね。



 今回の記事はいずれ書く記事(予定)の下書きの一部です。
 ご了承下さい。
スポンサーサイト
 しんくにゃ。さんのブログに載っていた記事です。
 しんくにゃ。さんもどこかから転載したようです。
 内容の真偽がわからないので何とも言えないのですが、これが事実だとすると大きな問題だと思うので載せておきます。
 個人的には現時点でのチベット独立は中国の崩壊の引き金を引きかねず、その結果世界中が大混乱を起こす可能性もあるので慎重であるべきだとは思うのですが、同時に中国政府の対応にも大きな疑問があります。
 ただ、私がここで問題だと思うのはチベット側でも中国側でもなく、このような対応をした日本の政府およびマスコミです。
 日本の政府とマスコミに対する抗議としてここに転載をしておきます。
 なおこの記事は、どんどん転載して欲しいもののようですので、この記事に何がしかの思いを抱いた方は転載しても構わないようです。
 では以下、転載記事です。



アリ@freetibetさんの日記

聖火リレー、行ってきました。
まず皆さんにお願い。
この日記を転載、リンクして頂いてかまいません。
動画3つまでしか載せれないため、
動画ありと書かれたものは僕のメインページの動画にあります。

4/26日を振り返ります。

早朝、善光寺へ向かった。
Mちん、Tさん、F君、Yちゃんと5人で。

町には何台もの大型バスが乗り入れ、中国人が降りてくる。
僕らがそれぞれ旗を作り、プラカードを作り、前日からカラオケボックスで寝ていたのに対し、
彼らは中国大使館から支給された巨大な旗と、チャーターバスで堂々登場した。

善光寺参拝が終わり、街中へ。
とりあえず聖火リレー出発地点へ向かった。
ここで日本とは思えない景色を目にした。

出発地点に、中国の旗を持った人は入場できるが、チベットの旗を持った人は入れない。
警察の言い分。
「危険だから」
じゃあ、何で中国人はいいんだ?
「......ご協力お願いします。」

は?
それやらせじゃん。
中国国旗しかない沿道って、警察が作ってるんじゃん。

その時の抗議の様子

この後TBSの取材が来た。
チベットサポーターの1人が、
「日中記者交換協定があるから映せないのか?」とアナウンサーに聞いた。
アナウンサーは「は?勝手に叫んでれば?」
と吐き捨てて消えた。

街中に行くとどこに行ってもFREETIBETと叫んでいる。
そこに中国人が押し寄せ、罵声を浴びせてくる。


交差点で中国人と僕らが入り乱れた。
突然Mちゃんが顔面を殴られた。
僕は殴った中国人のババアを捕まえて、目の前の警察に言った。
「こいつ殴ったぞ!!」
警察は何もしなかった。

ババアが俺の手を噛んだ。手から血が出た。
警察と目が合った。
警察は何もしなかった。

ババアが僕の顔面を殴ってきた。
周りのチベットーサポーターが、
「おい、警察、現行犯だろ、捕まえろよ!!!!」
と言ったのに、
警察は何もしなかった。

これが抗議活動中じゃなかったら、普通にブチ切れて乱闘になってる。
でも非暴力を貫く為、ひたすら耐えた。

Mちゃんが1日かけて一生懸命書いたプラカードを、
中国人が叩き落とした。
拾おうとするMちゃん。踏みつける中国人。
「おい、てめー何やってんだよ!」と制止に入った。
2mくらいの距離に警察がいたが、何もしなかった。


街中いたるところで抗議合戦。
救急車が来たり大騒ぎ。
僕らはひたすら抗議活動をした。
(動画あり)

雨が降ってきた。
それでも誰も抗議を辞めなかった。
中国人がかたまってる交差点を、
Tさんと旗を振りながら渡った。
沿道の中国人は蹴りを入れてくる。
とても沿道に入れず、車道を歩いていた。
警察が来て言った。
「早く沿道に入りなさい!!」
は?今入ったらボコられるじゃん。
なんで日本人の安全を守ってくれないの?
「じゃあ、あいつらに蹴りいれるの辞めさせろよ!!」と僕は叫んだ。
警察は「ご協力お願いします」と言った。


雨の中、聖火リレーのゴール地点へ向かった。
何故か中国人とチベットサポーターに分けられた。
警察は、「後で聖火の方に誘導するから。」と言った。
嘘だった。
ゴールの公園の外の何も無いスペースにチベットサポーターは閉じ込められた。
聖火なんか、どこにもなかった。
目の前には警察が何十人も取り囲んでいた。
こんな場所じゃ、声すら届かない。
数百人のチベットサポーターは、泣きながら警察に向かって叫ぶだけだった。
国境無き記者団もこちら側に来させられていた。
代表がマスコミのインタビューに答えていた。
(裏から撮影した動画あり)

聖火リレーがいつ終わったのかも分からないまま、
土砂降りの中僕らは叫び続けた。
この声を、伝えることすら出来ないのかと思ったら涙が溢れてきた。
MちゃんもF君も泣いていた。
こんなのってあんまりだ。
せめて伝えて欲しいだけなのに。
この叫びを聞いていたのは目の前に並んだ警察だけだった。



チベット人の代表が弾圧の現状を訴えた。
涙が止まらなかった。
内モンゴルの代表が弾圧の現状を訴えた。
涙がとまらなかった。

伝えたい。ただ伝えたいだけなのに、国家権力によって封殺された。
悔しい。悔しい。

日本は最低な国だ。
平和だ、人権だと騒ぐ割には、
中国の圧力に負けて平気でこういう事をする。
警察を使って。

帰りに携帯でニュースを見た。
「聖火リレーは無事終了。沿道は大歓迎ムード。」
「聖火リレーで日本人5人逮捕。中国人留学生に怪我。」

僕は愕然とした。
この国のマスコミは終わったと感じた。

あの怒号は、
僕らが受けた痛みは、
彼らの悲痛な叫びは、
どこに反映されたのだろう。


警察によって意図的に中国人のみの沿道を作り、
そこをマスコミは撮影し、
中国人の暴力を黙認して、日本人を逮捕する。
これが日本のやることか?
ここは本当に日本なのか?
中国の旗を持たないと歩けない沿道って何なんだ?

この国は最低な国です。
チベット人は泣きながらありがとうと言っていたけれど、
僕は彼らに謝りたかった。
初めて日本人であることを恥じた。

帰り道、僕らは泣いた。


これが真実です。
僕は日本政府は中国以下だと思った。
弾圧にNOを言えずに、言いなりになって彼らの叫びを封殺したこの国は、もう民主主義国家ではない。

4/26日長野。
そこには言論の自由はなかった。
歩行の自由すらなかった。
中国人を除いて。


追記:どなた様も、転載の許可必要ありません。
報告だけしていただけると、反応が見れて嬉しいのでお願いします。
動画が消えたりするるみたいですが、また報告していただけたら何度でも載せなおします。
マスコミの嘘つき。大嫌い。
FREE TIBET!!

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。